スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

ケジャリー(Kegeree)

2005.12.03 (Sat)

ケジャリー-25%


ケジャリー(ケジェリー=Kedgeree)は、イギリスがかつてインドを統治していた時代、インド料理をアレンジして作られたもので、上中流階級の人々が朝食として食べていた料理だそうです。

今でもSavoyなどの一流ホテルで注文すれば作ってくれるかもしれませんが、ケジャリーを朝食べる人はあまりいないのではないでしょうか。

燻製の魚の味がスパイスと合わされて、独特の旨みを生み出します。今では暖めるだけで食べられる調理品がスーパーでも売られています。

基本は冷薫したタラを牛乳でポーチしたものと、炒めた玉ねぎとスパイス(カレー粉など)をご飯と合わせて、好みで生クリームを加え、最後にみじん切りにした方ゆで卵を混ぜ込んだものです。写真のように、エビ、スモークサーモンも使われます。


【レシピ】



遊びにいらして下さって、どうもありがとうございます”(´▽`)ノ”
ポチッと応援よろしくお願いします(*´∇`*)

ブログランキングバナー赤



”(´▽`)ノ”
にほんブログ村 料理ブログへ

スポンサーサイト

テーマ : 世界の料理 - ジャンル : グルメ

00:49  |  ごはん  |  Trackback(1)  |  Comment(9)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。