スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

スティルトン(Stilton) / ポークソテー ガーリック&スティルトンソース

2005.12.19 (Mon)

ポークソテー ガーリック&スティルトンソーススティルトン! スティルトン! スティルトン! エリザベス女王もお気に入りと言われている、イギリスの代表的なチーズ、スティルトン(Stilton)は、イタリアのゴルゴンゾーラ(Gorgonzola)、フランスのロックフォール(Roquefort)と共に、世界3大ブルーチーズと呼ばれています。

ブルーチーズは、固まる前のミルクの中に青カビを植えつけて、ミルクのたんぱく質を青カビに分解させて作られます。チーズの熟成と共に、内側からどんどん増えていく青カビが脂肪分を分解して、あの独特の匂いと舌を刺すようなピリッとした刺激を作り出されます。ゴルゴンゾーラとスティルトンは牛乳から、ロックフォールは羊乳から作られます。 
ゴルゴンゾーラはクリーミィで、比較的癖が無く、ブルーチーズ初心者に最も向いていると思います。

ロックフォールは羊乳から作られているせいもあって、シャープで刺激的な味と香りが際立ち、塩分も強いので、慣れると病みつきになる味ですが、青カビチーズ初心者には結構食べにくいかもしれません。



遊びにいらして下さって、どうもありがとうございます”(´▽`)ノ”
ポチッと応援よろしくお願いします(*´∇`*)

ブログランキングバナー赤



”(´▽`)ノ”
にほんブログ村 料理ブログへ


スポンサーサイト

テーマ : 世界のチーズ - ジャンル : グルメ

19:39  |  豚肉  |  Trackback(0)  |  Comment(10)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。