スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

鶏のガーナ風トマト煮

2006.01.25 (Wed)

鶏のガーナ風トマト煮


チョコレートだけじゃないのよ

鶏肉をトマトペーストとピーナツバターで煮込む、ガーナの素朴なお袋の味です。ガーナ出身の友人に教えてもらったレシピを私流にアレンジしました。鶏のピーナツバターとトマトの煮込みは中央、西アフリカの国々でよく食べられている料理だそうです。

マイルドでこくがありピーナツの味は直接感じられません。よく煮込まれてとろとろになったソースは、ピーナツバター嫌いも頷く味。ご飯にとても良く合います。

作ってすぐでも美味しいのですが、実は翌日、3日目の方が味が馴染んでいるので、私はそちらの方が好きです

【レシピはこちら】



いらして下さって、どうもありがとうございます”(´▽`)ノ”
ポチポチッと応援よろしくお願いしま~す(*´∇`*)

ブログランキングバナー赤


”(´▽`)ノ”
にほんブログ村 料理ブログへ
スポンサーサイト

テーマ : 今日の食事 - ジャンル : グルメ

20:33  |  鶏肉  |  Trackback(2)  |  Comment(16)

「玉ひで」みたいな親子丼を作りたい!

2006.01.25 (Wed)

「玉ひで」みたいな親子丼


久々に親子丼を作りました。

自他共に認める、卵大好き人間の私。1日トータルで10個食べることすらあります。あ~、分かっていますよ。そんなに食べたら体に悪いってこと。でも、それが分かっていても食べてしまう私って、卵依存症=卵中毒=エッグホリックかも。でも、こんなに卵を食べているにもかかわらず、私の血液中のコレステロール値は平均より低いんですよ。

というわけで、エッグホリックの私が親子丼を食べるとなると、卵3個+黄身1個使って作らないと満足しないんです。エ~って言わないでね。築地の名門店「玉ひで」の極上親子丼もそうなんですよ。

でも、親子丼って、作るのが結構難しくて、気に入った味、卵のとじ具合に仕上がるのはごくたま~に。大抵は、卵に火が入りすぎてしまって、不満を残しながら食べています。

目標は「玉ひで」風親子丼!

でもね、ここの親子丼は、鶏肉と卵以外の具が入っていないので、ごまかしがきかないんですよね。

何よりもいい素材が必要。良いかつお節、昆布、醤油、みりん・・・

あぁ、私は永久に「玉ひで」風親子丼は作れない。どれもイギリスにいては手に入らないものばかり。それでも、せめて美味しい卵と鶏肉くらいは奮発しましょう。

というわけで、オーガニックの鶏肉と卵を買って来て、久しぶりに作ってみました。

「玉ひで」風の特徴はみりんたっぷりで、かなり甘めなところ。
ねぎ、玉ねぎ、三つ葉、のりなどは一切入らない、親子水入らず丼。

みりんたっぷりのつゆを作り鶏肉を煮て、その間にご飯を炊きます。

いよいよ勝負。何だかやけに緊張します。たかが親子丼作るだけなのに・・・(^^;

溶いた卵を一気に流し込み、蓋をして、半熟になるまで待ちます。

ちゃんと出来てるかな~、味はあれで丁度よかったろうか、つゆ多すぎかな~・・・と待っている間、色々なことが気になり、心配になってきます。

まだかな、まだかな、まだかな・・・
ご飯をよそった器を脇ににおいて、恐る恐る蓋を取ると・・・


「あ~出来てる~!!!♪」


それでもまだ緊張しながらそ~っとご飯の上にのせて、ようやくホッと一息。

写真をパチリとしてから、熱いうちにハフハフ食べました。

あ~一生懸命作った甲斐がありました! つゆはオーガニックの鶏の旨み充分。そのつゆと合わされた、これまた美味しい卵が半熟になってとろーりとご飯に絡まります。卵のまったりとしたコクが、硬めに炊いた熱々ご飯に本当によく合うんですね。美味しかったです。

でも疲れました。



『サザエさん占い-あなたは誰のタイプ?』



いらして下さって、どうもありがとうございます”(´▽`)ノ”
ポチポチッと応援よろしくお願いしま~す(*´∇`*)

ブログランキングバナー赤


”(´▽`)ノ”
にほんブログ村 料理ブログへ

テーマ : 美味なるもの - ジャンル : グルメ

19:03  |  ロンドン食べ物日記  |  Trackback(1)  |  Comment(8)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。