スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

綿?毛糸? トルコの綿菓子-ピシマニィエ(Pişmaniye)

2006.01.28 (Sat)

ピシマニィエ(Pimşaniye)

毛糸かと思った・・・


食料品店で、ふと見るとなにやら毛糸のようなものが?

なんだろうとしげしげ眺めていたら、トルコ人の店員が、

「それすごく美味しいよ~」

と言うので、素直に(!)買ってきました(^^;

この綿ボールか毛糸玉のようなものは「ピシマニィエ」(Pişmaniye)というトルコの綿菓子です。

ピシマニィエ(Pimşaniye)3

どれどれと、中身を空けてホロホロと崩してみると、

本当に、細い毛糸か絹糸のように見えます。

これ、見ただけなら、絶対お菓子とは思わないだろうなぁ。


さて、一口。


口に入れると、全く抵抗無く溶けていってしまい、甘くて、バニラの香りと、少しキャラメルのような風味。どこかで食べたことがあるような、懐かしい感じの、美味しい味が口の中で一瞬広がって、すーっと消えていきます。


「これ、美味しすぎ~

「美味しすぎて止まらない


箱の原料を見ると、砂糖以外に、ココア マス、ピスタチオ、グレインフラワー、バニリンなどが入っています。


「あれっ、ココア マスって、チョコレートに入っているのよね~。バニリンってバニラフレーバーね。」

「グレインフラワーって、わざわざ書いてあるってことは、小麦粉じゃないのかな?」

「ピスタチオも入ってるの! そうか~、おいしいわけね


と一人納得。日本の綿菓子はザラメだけで作られるけど、トルコのは随分手が込んでいるのねぇ。


でも、美味しいものを見つけると嬉しいけど、飽きるまで食べ続ける癖があるので、また食べ過ぎちゃうんです。


ピシマニィエ(Pişmaniye)2

箱から出しただけだと

もっと本物の綿ボールか毛糸に見えます。



ピシマニィエ(Pişmaniye)4

値段もお手ごろ

ゴルフボールを一回り大きくしたくらいのサイズのものが15個入って、約260円。まあまあです。


それにしても、買い物に出ると、必ず余計なものを買ってくるこの癖、何とかしないと・・・



いらして下さって、どうもありがとうございます”(´▽`)ノ”
ポチポチッと応援よろしくお願いしま~す(*´∇`*)

ブログランキングバナー赤


”(´▽`)ノ”
にほんブログ村 料理ブログへ


スポンサーサイト

テーマ : くいしんぼ情報! - ジャンル : グルメ

00:03  |  ロンドン食べ物日記  |  Trackback(1)  |  Comment(38)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。