FC2ブログ

プロシュートづくし ★タラとモッツァレラのプロシュート巻きロースト★

2006.02.02 (Thu)

タラとモッツァレラのプロシュート巻きロースト

イタリアンのデリカテッセン


普段は近所のスーパーTescoで、お買い得品を買う私。でも、ごくたまに美味しいものが食べたくなると専門店に出向きます


昨日はお気に入りのイタリアンデリカテッセンに行ってきました


私、このお店もう10年も前から知っているのに、未だに名前を覚えられない・・・


イタリア人の太ったおじさんが経営する、細長い造りの小さなお店で、お客が10人も入ったら、もういっぱいの、飾り気の無い、気さくなお店です。


1歩入ると、そこはもうイタリア


狭いお店の中、所狭しとイタリアの食品が並んでいて、眺めているだけで嬉しくなります


カウンターに並んださまざまな惣菜や、オリーブ、チーズ、パン、その後に吊るされた肉類など、どれもこれも見るからに新鮮で、美味しそう。クリスマス前になると、この小さな店に、買い物客が何十人も並ぶというのが頷けます


30分程うろうろして、24ヶ月熟成のプロシュート、パルメザンチーズ、ペコリーノ・ロマーノ、水牛のモッツァレラチーズ、ドライポルチーニ、パプリカのマリネなどのお惣菜3種類を買いました。



帰ってから、あれこれつまみ食い

「う~ん、プロシュートがおいし~~~

「ダメ~、止まらない~~~



そこで、昨夜は「プロシュートづくし」にしました。



美味しいものは、美味しいうちに満足いくまで食べるのが私の主義です(キッパリ!)。

・・・だから飽きるまで食べて、最後には嫌になってしまうのですが・・・



【昨夜のメニュー】

柿のプロシュート巻き
アスパラガスとパルメザンチーズのプロシュート巻き
タラとモッツァレラのプロシュート巻きロースト(レシピ)
プロシュートのバラちらし寿司




プロシュートと柿の組み合わせは、たまたま柿があったので使ったのですが、とてもいいですよ 

私は、今流行の、ラ・フランスとの組み合わせより、柿の方が好き・・・かしら


アスパラガス、パルメザンチーズ、プロシュートの組み合わせは普通ですが、チーズとプロシュートが飛び切り美味しかったので、これも納得の味。


そしてタラとモッツァレラのプロシュート巻きロースト


もうこれは、絶対、絶対、お勧めです。すでにつまみ食い済みの水牛のミルクから作られる、「本当のモッツァレラ」の味って、スーパーで売られているものとは別物

その美味しいモッツァレラと長期間熟成されたプロシュートを使って、不味いものが出来るわけないんですよね~。

「ひとりでできるもん」のレシピに加えても大丈夫よ、これ(多分)

【レシピはこちら】


プロシュートのバラちらし寿司

プロシュートのバラちらし寿司


プロシュートのバラちらし寿司は、お酢の代わりにレモンを使って作った寿司飯に胡椒、ディジョンマスタードを少々、スプリング・オニオン(万能ねぎのようなもの)、プロシュートをちぎって入れただけ。これも簡単です。


サラダほうれん草、ルッコラ、クレソンと混ぜて食べました。


ルッコラやクレソンのかすかな苦味とピリッとした味、サラダほうれん草の柔らかな味わいが、レモンの香りのご飯とプロシュートの組み合わせのアクセントになって、とても美味しかったです



日本のお米が切れていて、「プディングライス」を使ったので、見た目がきれいなご飯にならなかったのは、ちょっと残念。


でも、どうしても昨夜食べたかったんですよね(^^ゞ



いらして下さって、どうもありがとうございます”(´▽`)ノ”
ポチポチッと応援よろしくお願いしま~す(*´∇`*)

ブログランキングバナー赤


”(´▽`)ノ”
にほんブログ村 料理ブログへ
スポンサーサイト



18:25  |  魚介類  |  Trackback(0)  |  Comment(21)
 | HOME |