FC2ブログ

イラン風鶏のザクロと胡桃ソース煮

2006.05.23 (Tue)

イラン風鶏のザクロとクルミソース煮



何ヶ月か前に、イランのザクロのシロップを買った時から、作ってみたいと思っていた、イラン風の『鶏のザクロと胡桃ソース煮』をようやく作ってみました。

この料理はFesenjanという名前で、もともとは鴨をすりつぶした胡桃とザクロジュース/ザクロシロップで煮込んだものをさすようですが、鶏肉でも作られる、代表的なイラン料理です。

イラン料理ではザクロジュースやシロップを結構料理に使っていて、ミートボールとザクロのスープなんていうのもあります。




私はイラン料理が好きで、レストランにも時々行きますが、実は、Fesenjenは食べたことが無いんです(^^;


なので、今回は作った料理は一般的なFesenjanのレシピと材料を参考にしましたが、ミリアムの『自己流のイラン風鶏とザクロと胡桃ソース煮』です。

本物をお知りの方、そういうわけなので、これを見ても許してください(^^;





作り方はシンプルで、炒めた玉ねぎと焼き目をつけた鶏を、細かく砕いた胡桃とザクロシロップで作ったソースで煮込むだけです。



しかし・・・出来上がってみると、まず見た目がよくないですね~ ソースかけすぎで、お皿がすごいことになってます(^^;

本来はもっと濃い茶色がかった紫色になるのですが、胡桃の渋みとエグミを取るために薄皮をむいたので、その分色が薄くなりました。

ザクロシロップ右の写真が今回使ったザクロのシロップです。

このザクロのシロップ、甘いながらもかなり酸味が強いです。りんご酢を直接飲んだらこのくらい? 

ザクロのシロップというとピンと来ない方もいらっしゃるでしょうが、『イチゴ味のカキ氷』の香りと味というと分かりますか? あれを想像していただくと、何となく当らずとも遠からず・・・ってかなり遠いかな(^^ゞ でもあの感じの甘酸っぱ~いシロップです。




料理の味ですが、ザクロの懐かしいような香り、ややシャープな酸っぱさ、独特な甘さ、胡桃のクリーミーな組合わせのソースが、鶏肉によく合って、自画自賛を承知で言いますと・・・、見た目より・・・、すっといいです(^^ゞ 


実は私、胡桃はかなり苦手な方なんですが、そんな私でも美味しく食べられました。


今回はたまたま鶏の胸肉を使いましたが、これはモモ肉の方が良さそうですね。手羽なんかも合いそうです。


【作り方はをクリックしてね】



写真は、見なかったことにしてください(^^;





遊びに来て下さって、どうもありがとうございます”(´▽`)ノ” ポチッとしてくださるととても嬉しいです(*´∇`*)
ブログランキングバナー赤



”(´▽`)ノ”
にほんブログ村 料理ブログへ

スポンサーサイト



00:33  |  鶏肉  |  Trackback(0)  |  Comment(12)
 | HOME |