FC2ブログ

エビとねぎのフリッタータ

2009.02.02 (Mon)

エビとねぎのフリッタータ
エビとねぎのフリッタータ

おはようございます
寒い~、寒い寒い また氷点下に逆戻りです。 
天気予報どおり、夕べからロンドンでも雪が降り始めました
今回の雪はこのままあと1日は降り続くそうです。

なんか・・・・ 雪が振って嬉しいと言っていられない状況になってきました

昨日はエビとねぎのフリッタータ(イタリア風のオムレツ)を作りました。

今回の具は、ごくシンプルにエビとねぎ(スプリングオニオン)、パルメザンチーズだけです。

ねぎは、長ネギ、青ねぎ、万能ねぎ、スプリングオニオン等、何でもOKです。
チーズも溶けるタイプのものなら何でも美味しくできますよ(*^_^*)b

最初にねぎを炒めてから卵に加えるのですが、この時ねぎを少しだけ焦がし気味に焼くと、香ばしい焼きねぎの香りがオムレツに移って、これが良いんです(*^_^*)b

エビとねぎのフリッタータ2
ねぎの香りがとってもいいの


エビとねぎだくのフリッタータ、簡単でいけますよ

【作り方はをクリックしてね】




ねぎといえば、子供の頃私が夜熱を出し、咳き込んだりすると、祖母は決まって長ネギを1本焼き網で焼いて、それをガーゼにくるんで首に巻いてくれたんです。

焼きねぎの優しい温かさとその香りが、呼吸をスッと楽にしてくれたのを今でもよ~く覚えていて、ヴェポラップよりよっぽど効くように思えました(*^.^*)

そして祖母が次に作ってくれたのは、焼いた梅干、かつお節、刻んだ大量のねぎに熱湯を注いだ焼き梅ねぎ汁。
祖母は、梅の代わりに味噌と黄身を落としたものも作ってくれたのですが、私は香ばしい焼き梅汁の方が断然好きでした 

焼きねぎマフラーを巻いて、焼き梅干ねぎ汁を飲んだ後はぐっすり眠れて、夜中に汗をびっしょりかいた後は熱が急に下がり、大抵翌朝にはすっかり元気になっていました。  

(*^_^*)

今でも熱っぽいくて喉が痛くなると、祖母の「ねぎ治療」が懐かしくなります。


いらして下さって、どうもありがとうございます”(´▽`)ノ”
ポチポチッと応援よろしくお願いしま~す(*´∇`*)

ブログランキングバナー赤

”(´▽`)ノ”
にほんブログ村 料理ブログへ
スポンサーサイト



09:00  |  卵・乳製品  |  Trackback(0)  |  Comment(4)
 | HOME |