07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

ヤンソンフレステルセ/パディントンのおじさん

2006.03.24 (Fri)

ヤンソンフレステルセ

ヤンソンフレステルセ



【パディントンのおじさん】

ロンドンの地下鉄パディントン(Paddington)駅の入り口に、私が勝手に『パディントンのおじさん』と呼んでいる初老の男性がいました。 

そのおじさん、ホームレスのようにも見えますが、正体不明。身長180cmくらい。痩せていて、髪は半分以上白く、いつもうっすらと髭を生やしています。年に1-2度シャワーを浴びるかもしれません。

服装は、1年中擦り切れてよれよれの厚手のジャケットを着て、シャツはこれまた1年中同じ縞模様のもの。ズボンもよれよれでひざが抜けて、靴は誰かが10年履き続けて捨てたものを拾ってきたのかと思うほどボロボロです。

More・・・

このおじさん、駅で何をしているのかというと、『物乞い』。駅の利用者から小銭を貰うために毎日通っているのです。

物乞いをする場合、大抵はどうでもいいような服装をして、地面に座って、目の前に入れ物を置き、時々思い出したように「小銭をお願いしま~す」などと叫んで、後はやる気なさそうにただ座っているものですが、このパディントンのおじさんは違いました。


おじさんは、まず、ボロボロながらジャケットを着て靴を履き、超一流ホテルのドレスコードに引っかからないいでたちをしていました。


そして物乞いの仕方が普通と違います。

彼はいつも、駅の入り口の、階段の5段目あたりの右端にいるのですが、駅の外にあるバーガーキ○グのソフトドリンクのカップを、両手でお腹の高さに持って真っ直ぐ立っているんです。

物乞いの呼びかけをするわけでもなく、姿勢を崩すことなく1日中そうして真っ直ぐ立っています。


世の中には、じっと立っていることを商売にしている街頭の宣伝マンや、アートとして銅像のようにじっとしているパーフォーマンスもあります。バッキンガムパレスの門にも、じっと立っているだけで人気者で、お給料を貰っている人たちがいます。


でも、このおじさんの場合とは少し違うような気がします。


時々おじさんのカップに1ポンド(200円)を入れて、中を覗くのですが、日給1000円になるかどうか・・・


地下鉄の入り口の吹さらしは、冬はもちろん、雨の日や風邪の強い日はかなり寒いところです。反対に真夏は直射日光が当たって暑い。

おじさんは季節に関係なく、1年中同じ服装で、真っ直ぐそこに立っていました。



ある日、トイレを使いたくて、バーガーキ○グでミネラルウォーターを買って2階に上がっていくと、窓際の席におじさんがいました。

お茶の時間なのでしょうか。買った紅茶を飲みながら、ポケットから出したビスケットを美味しそうに食べていました。その姿は妙に優雅で余裕があり、なんだか不思議な光景。

おじさんはバーガーキ○グを休憩所にしているようです。すぐそばにここより安いマク○ナルドがあるのに、こっちを選ぶのは、おじさんのこだわり?


私はふと、このおじさん、今は『物乞い』のプロかもしれないけれど、ひょっとしたら、良い家に生まれて、教育を受けた人なのかもしれないと思いました。それは、立ち姿、お茶の飲み方、ビスケットの食べ方からも想像できました。


「・・・色々あったんだろうな」


私はいつの間にか、おじさんにかなり親しみを持っていました。



残念ながら、その後パディントン駅に行く機会が減ったので、めったにおじさんに会わなくなりました。


それでも、寒い日は、「今日も立っているんだろうか。風邪引かないかな・・・」などと心配したり、お巡りさんを見ると、「おじさん駅を追い出されていないかな」と気になったり。


たまにいつもの姿で真っ直ぐに立っているおじさんを見つけると嬉しくなって、同時にホッとしていました。

でも・・・


                                      


おじさんは、ある日突然姿を消しました。


病気なのでしょうか。

引退したのでしょうか。

駅を追い出されたのでしょうか。



おじさんがパディントン駅からいなくなって、もう2年以上過ぎました。

どこかで、元気にしているのでしょうか・・・



【3月24日の夕食】

ヤンソンフレステルセ
サラダ
セロリのスープ


今日はお昼にどうしてもラーメンが食べたくて、友達を誘ってSOHOのラーメン屋に行きました。

チャーシュー麺に、お稲荷さんを食べてお腹がいっぱい。

夜はあまり食欲がなかったので、軽く済ませました。


ヤンソンフレステルセ

おなじみのスウェーデンのジャガイモ料理。これ大好きです。
何でヤンソン氏の誘惑なんて名前なんでしょうか。
 
いろいろな作り方があるようですが、私はコンソメで下煮したジャガイモにアンチョビーとニンニクをのせて生クリームをかけ、チーズをかけて焼いたものが好きです。



いらして下さって、どうもありがとうございます”(´▽`)ノ”
ポチポチッと応援よろしくお願いしま~す(*´∇`*)

ブログランキングバナー赤


”(´▽`)ノ”
にほんブログ村 料理ブログへ

スポンサーサイト
23:04  |  ロンドン食べ物日記  |  Trackback(0)  |  Comment(6)

Comment

ラーメン

私も今日、夕飯にですが、ラーメン屋さんでラーメン食べちゃいました(^_^;)。
本業は建築家のドイツ人のにーちゃんが趣味でやっているラーメン屋。たま~に行くのですが、久しぶりに行ったら味がちょっと変化してました。
おいしかったけど・・・量多すぎるわ~(爆)。
ぴかまま |  2006.03.25(土) 09:31 | URL |  【編集】

ミリさん、こんにちは。お久しぶりです。

早速ですが、その「パディントンのおじさん」、どうしちゃったのか、とても気になりますね。
パディントン駅の駅員さんに尋ねたら、何か分かるかしらねぇ。
パディントン駅には、もう何年にも渡って立っていたのですか?
KIX |  2006.03.25(土) 21:03 | URL |  【編集】

ヤンソン氏の...

本場ではジャガイモを細長く切り、アンチョビも普通のではなく北欧風にマリネされたもの(?)を使うそうですが、あのアンチョビ、ちょっと苦手かも...メーカーによるのかな?私は普通のアンチョビで充分です。
ミリアムさんの、美味しそうですね!コンソメで下煮して、チーズかけたの今度やってみます!

私もおじさんの行方が気になってしまいました。お元気だといいですね。
salahi |  2006.03.25(土) 23:22 | URL |  【編集】

ぴかまま♪

ぴかまま"(´▽`)ノ"

ドイツ人が趣味でやってるっていいですね。美味しそうですね~。

味は日本的なんですか?

イギリス人のラーメン屋はあるかしら。無いでしょうね~。
ミリアム |  2006.03.26(日) 00:45 | URL |  【編集】

KIXさん♪

KIXさん"(´▽`)ノ"

具体的な年数は知りませんが、おじさんは何年も同じところで立っていたんですよ。

今は物乞いをする人には厳しくて、すぐに警察が来て立ち退かせるのですが、おじさんの場合はお金は要求しなかったし、駅構内にいたわけではないので、警察から立ち退きさせられる理由は無かったんです。

病気かもしれません。

来週パディントンに行くので、その時ひょっとしているかしら・・・なわけありませんね。
ミリアム |  2006.03.26(日) 00:53 | URL |  【編集】

salahiさん♪

salahiさん"(´▽`)ノ"

本場のヤンソンフレステルセは私にはなんとなく物足りない、というより美味しいと思わないんです(^^;

いろいろ試してみて、今の作り方に落ち着きました。

一応レシピにしようと思っています(^^ゞ


パディントンのおじさん、病気じゃなければいいと思っています。

案外大金持ちの変人で、ホームレスまがいの格好で駅で物乞いするのが趣味だったり・・・  

今度もし会う機会があったら、話しかけてみようかな、と思っています(^^)
ミリアム |  2006.03.26(日) 00:59 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://milliamm.blog39.fc2.com/tb.php/144-6c9b3fff

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。