12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

イギリス人のお気に入り-3 チップス(Chips)

2005.12.23 (Fri)

チップス(Chips)  フィッシュ・アンド・チップス(Fish and Chips)


イギリスの食べ物と言えば、誰もが思い浮かぶフィッシュ・アンド・チップス(Fish and Chips)。チップスというのはいまさら言うまでも無い、日本で言うフライドポテトのことですが、イギリス人は本当にこのチップスが好きです。ちなみにポテトチップスのことは、クリスプスと呼びます。

幼い子供からお年寄りまで、とにかくみんなチップスが好き。どうしてここまでチップスが好きなんだろうか?と疑問に思いますが、謎は解けていません。

More・・・

朝食にチップスを食べる人は多くありませんが、それでもカフェなどのイングリッシュ・ブレークファストでチップスを出すところはけっこうあります。

お昼には学校の給食、会社の食堂、パブランチ、その他庶民的なお店ではどこでもチップス。メイン料理を注文するとウエイトレスやカウンター越しに給仕するおばさんは「チップス?」と聞きますが、その顔は一応マニュアルだから聞いてるんですよということを言ってます。注文するのは当然ですから・・・

セルフサービスのお店や食堂では、大抵の給仕のおばさんの手にはチップスが欲しいかと聞く前に、すでにあの大きなスコップのようなものが握られていて、チップスが特に好きではない私が「No」と言うと、何で?という顔をします。

おやつにも、夜食にも食べます。インド料理、中華料理の持ち帰り専門店、宅配ピザ屋にもおいてあります。

当然、家庭でもチップス。
エッグ&チップス、
ソーセージ&チップス、
ハンバーガー&チップス、
ピザ&チップス
カレー&チップス
ビーンズ(ベークドビーンズ)&チップスなどなど。

スーパーに行くと2kg、5kg入りなどの大袋が冷凍で売られていて、食事のたびにオーブンで焼いて出すのが今は主流ですが、やはり美味しいのは新鮮なじゃがいもを自分で揚げたものですよね。

イギリスには「チップパン」(Chip Pan)なる鍋があります。チップス専用鍋です。もうホントに特別扱い。昔の主婦はみんな家庭でチップパンでチップスを作っていたので、一般家庭の火災の原因で一番多かったのはチップパンへの引火だったそうです。冷凍チップスが出回るようになって火災の件数が激減したというのも頷けます。

さて、チップスの食べ方ですが、イギリス人はチップスに大量に「モルトビネガー」と塩を振りかけて食べます。子供などは、ケチャップをかけたりしますが、それは邪道というもの。

モルトビネガーは、大麦の麦芽を使って造られます。色は茶色で、ビールのような独特の芳香と味とがあります。酸度が強い(5.0%)酢(米酢4.5%、醸造酢4.2%)ですが、味に丸みと甘みがあるので、あまり酸っぱさを感じさせません。

ところで、私はフィッシュが好きなのでフィッシュアンドチップスのお店には時々行きます。熱々のフィッシュに塩とモルトビネガーをかけて食べるのも美味しいのですが、家に持ち帰って、オーブンで暖めなおしてお醤油をかけると、とてもいいご飯のおかずになるんですね、これが。

お店に行くと、いつも疑問に思うことが一つありました。フィッシュアンドチップスはお店でも食べられますが、大抵の人たちはテイクアゥェイ(Take Away)(持ち帰り:イギリスではテイクアウトとは言いません)します。

注文すると店の人は「Open?」と聞きます。「Yes」というと大きな藁半紙のような紙をメガホン型に巻き、フィッシュやチップスを入れて渡してくれます。Openの場合はそのまま直ぐに食べるからそれでいいんです。持ち帰りたい時は「No」と言うと注文したものの上に塩とビネガーを盛大に振り掛けてきっちり包んでくれます。

それを見るにつけ、「あ~あ、あんな風にしたら、しんなり、シナシナ、ベチャベチャになっちゃうじゃない!」と思っていました。私を含め、普通日本人なら、猫舌でない限り、揚げたチップスは外側カリッときつね色、中はホクホクで、熱々の揚げたてのものをハフハフさせながら食べるのが好きではないでしょうか?

ところが案外みんな平気できっちり包んでもらったものを持ち帰り、その冷えてしな~っとしたチップスを美味しそうに食べているんです。

何でイギリス人はわざわざチップスを不味くして食べるのか、私には全く理解できず、ある時イギリス人の友人5人と話しているときにこの話題を持ち出しました。

すると、なんと5人が5人とも「あのしなっとしたのがいい」「しっとりしたチップスの方が塩やビネガーの味が染み込んでて美味しい」「しなっとしたチップの方がじゃがいもの旨みを味わえる」「あの方がパンに合うんだ」と言うのです。イギリス人恐るべし!

中には「かりっとしたものもしんなりしたものもどちらも美味しい」と言った人もいましたが「しんなりチップス否定派」はゼロでした。

「あの方がパンに合うんだ」・・・、お行儀がいいことではないと思われていますが、イギリスではチップスをパンと一緒に、又はチップバティと呼ばれるサンドイッチにして食べる人が、けっこう多いんです。ですから、フィッシュ&チップスの店には大抵丸型のパンか売られていますよ。

友人の1人などは「パンが無ければチップスは食べない!」と言い切りますから、すごいものです。チップスをおかずにパンを食べるって、炭水化物+炭水化物だけれど、考えてみれば、日本の焼きそばパンとか、ラーメンライスも似たようなものですよね。

トップの写真のフィッシュ・アンド・チップスはロンドンにあるMickeyという名の、そこそこ美味しいと評判のお店のものです。フィッシュはミディアムサイズ、チップスはスモールです。写真では分かりづらいかもしれませんが、このフィッシュ、全長26cm、幅10cmあるんですよ!すごい大きさ。

チップスも、スモールといいますが、両手に抱えきれない程大量で、ファーストフードのMのLサイズ4つ分くらいあります。スモールでこれですから、ラージとなるとラーメン丼山盛りいっぱい位くるんですよ。

サクッと揚がったフィッシュの衣を一口かじると、まず湯気と共に美味しい香りがふわっと立ちのぼり、タラの旨みを吸い込んだ衣の美味しさを味わえます。そして、新鮮な魚特有の弾力あるプリプリした歯ごたえと旨みが口に広がり、噛みしめていくと、しっとりどっしりと厚みのあるタラと衣の油の美味しさが、じわじわと口いっぱいに広がっていき、もうこれは堪らない!

う~ん、最高!!!

チップスは食べるとじゃがいもの旨みがしっかり味わえて、ハンバーガーチェーン店のもののような油臭さも全くないんですね。食べきれないほどあったはずなのに、何故かお腹に収まってしまいます。

フィッシュにもチップスにも、大量のモルトビネガーと塩を振りかけるのは言うまでもありません。

いまさらながら、フィッシュ・アンド・チップスの美味しさに感激してしまい、食べながら、フィッシュにはチップス以上のパートナーは無いということを、しみじみ納得したのでした。


遊びにいらして下さって、どうもありがとうございます”(´▽`)ノ”
ポチッと応援よろしくお願いします(*´∇`*)

ブログランキングバナー赤



”(´▽`)ノ”
にほんブログ村 料理ブログへ


スポンサーサイト

テーマ : 世界の料理 - ジャンル : グルメ

17:00  |  イギリスの食文化  |  Trackback(0)  |  Comment(8)

Comment

お皿から・・・

フィッシュがはみ出してる~v-520

日本人なら、「冷えたのは勘弁してね」なのですが、イギリスの方は「冷えたのもまた良し」なのですね。

昔々、NZでフィッシュ&チップスを2人前注文したら、両腕に一抱えほどの包みになったので途方にくれたのを思い出しました(^^)
margo |  2005.12.23(金) 18:47 | URL |  【編集】

margoさん♪

margoさん、こんばんはv-77

すごい大きさでしょう!ズシっと重いんですよ~。本当はスモールで良かったのですが、スモールの方はすでに揚げたものが出来ていて、ミディアムはこれから揚げるのを待たなければならなかったので、あっつあつが食べたくて、ミディアムを注文したらこのサイズ。

でも美味しかったです。普通の日本人は、フィッシュは二人分でもチップスは一人分、それもスモールで充分ですよね。

そう、イギリス人は冷えてしなっとしたのが好きなんです。最近私もそれが美味しく感じられてきて・・・もう味覚崩壊してますから・・・v-16
ミリアム |  2005.12.23(金) 20:11 | URL |  【編集】

またまたモルトビネガーの誘惑♪

あーー、ますます食べたいっ!
おっと、ミリさんmargoさんちゃお~♪

チップスがフレンチフライ!?アメリカはメニューには"French Fries”って書いてありますけど、"Fries"としか言った事が無いし、"Take away"じゃなくって"To go"って言ってました!

オープン?なんて聞かれたらパニくりますわ!!!

そうそう、今日モルトビネガー検索したら、300円程度のお手軽価格だったんだけど、送料+手数料も入れるとご立派な値段になってしまうので、考え中です・・・。
(((=~=;)

でもドライトマトは500g(50g×10)1100円でオークション中!これは送料考えても日本じゃ破格値ですからね~♪
KIK |  2005.12.23(金) 20:28 | URL |  【編集】

KIKさん♪

英語と米語ってけっこう使う言葉が違いますね。DiaperはNappyって言うんですよって食べ物の話題なのに・・・

モルトビネガーなんて安いのにね~。

ドライトマトも高いんですね。こちらでは、100gが100円くらいで買えます。

でも鯖の水煮缶は1個500円、生めんタイプのカップうどんは600円位するんですよ~。マルタイの棒ラーメンも2食入りのものが300円~400円くらいだったかな?ちくわ1本400円です。おでん1回分でベルーガのキャビアが買える!!!フランス往復出来る!!!v-77
ミリアム |  2005.12.24(土) 00:58 | URL |  【編集】

ほ~らほら

・・・高いうどんを買うくらいなら、手打ちうどんは安くて美味しいよん(笑)。
ラーメンだって・・・あ、ハイ、レシピアップ急ぎます(汗)。
ぴかまま |  2005.12.24(土) 21:57 | URL |  【編集】

白身魚

ミリアムさん、みなさん、こんにちは!

今日もまた美味しそう♪(私の感想は、どうもこの一言に限られているようです....)

イギリスのフィッシュ&チップス、実は食べたことがありません。
ロンドンに旅行したときも一人だったので、食べる機会がなかったんですね。
だからどんな味なんだろう、とあれこれ想像していた私に友人が説明してくれたのは「給食で食べたあの白身魚のフライ」でした。
でも、タルタルソース(というほどしゃれたものでもなかったですね、給食のあれは!)より塩味が合いそう、とのことでした。
・・・実際はどうですか??
やっぱり食べてみるに限りますネ。

みなさま、メリークリスマス♪

ミナココット |  2005.12.24(土) 23:48 | URL |  【編集】

ぴかまま♪

うどんは作ったことがあるんですよ。適当に作ってもけっこうそれなりに出来ますよね。ラーメンのレシピ期待していますよ~v-77
ミリアム |  2005.12.25(日) 00:44 | URL |  【編集】

ミナココットさん♪

給食の肴のフライがどんなものか分かりませんが、イギリスのフィッシュの衣は独特ですよ。しいて言えば、かりっ、さくっと揚がった天ぷらのかき揚げのようなものでしょうか。

上の写真のフィッシュ・アンド・チップスが本当ですが、カフェや軽食を出すところ、学校の食堂などでは、目の細かいパン粉をつけて揚げた所謂魚フライを出したりします。

今度イギリスに来たら、ぜひ一度、本物のフィッシュ&チップスを食べてくださいね。女性一人でも入れるお店もあリますよ。

ミリアム |  2005.12.25(日) 00:53 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://milliamm.blog39.fc2.com/tb.php/15-4c26d402

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。