05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

飯倉キャンティのスパゲティバジリコ

2006.07.01 (Sat)

キャンティのスパゲティバジリコ4


キッチンの鉢植えのバジルが、日に日に元気に育ってきています

これから冬まで大活躍してくれるのね~♪と思うと、思わず顔がニコニコです(*´∇`*)


私はパスタ好きですが、バジルを使ったパスタというと、常に、東京飯倉片町にある老舗イタリアンレストラン、『キャンティ』スパゲティバジリコが思い浮びます。続きは▼を・・・


ブログランキングバナー赤


にほんブログ村 料理ブログへ

More・・・

19歳の時、初めて私はキャンティのバジリコスパゲティの食べたのですが、その時の味は、私にとってまさにカルチャーショックでした


キャンティのそれは、それまでの人生で味わったことのない、不思議な美味しさを持った、食べ物だったんです。


本物のバジルの香り、パスタの茹で加減、味付け、全てが未知のもので、これこそ、『本場イタリアの味』なんだろうな、と感じたものです。



何しろ、私の子供の頃は、『スパゲティバジリコ=大葉のパスタ』だったので。

本当のバジリコの味など知る由もありません~(;´Д`)ノ。


大人が

「大葉のイタリア語がバジリコっていうんだよ」(;´Д`)ノ

という言葉を、信じて疑わなかったのです(・・;)


でもそれは、私のような子供に限らず、多くの大人たちもその頃は、そんなものだろう、と思っていたはずなんです(;´▽`A``


なんだか、大昔の話題のようですが、実はそれ程古い話じゃないんですよ、これ。


でも、・・・今思い返すと、・・・おかしいですね~ (^^;

以来、キャンティのスパゲティバジリコは繰り返して食べる、私のお気に入り外食パスタのトップになりました。



もう随分長いこと食べていませんが、今でも時々、

「キャンティのバジリコが食べたいな~♪

とふと思います。






すると、なんと、なんと、あのバジリコスパのレシピが、キャンティのホームページに載っているといういうではありませんかヽ(´▽`)/ ヽ(´▽`)/ ヽ(´▽`)/


何年も食べていない、懐かしの『スパゲティバジリコ』、早速作ることにしました。




2人分のレシピを見て、まずびっくりです

なんとこのスパゲティ、乾燥バジルは1g使われていますが、パセリと大葉が占める割合が、圧倒的です。

フレッシュバジルは最後のトッピングに適量使うように書いてあるだけです。


「ふ~ん・・・でも、そういえば、昔食べたバジリコスパにバジルがトッピングされていたかしら???」


記憶にないんですよね(-_-;)


「・・・ ・・・ ・・・(・・;) 」


油は、オリーブ油は使わず、サラダ油とバターです。これも何となく意外でした。

「・・・ ・・・ ・・・(・・;)」



でも、こうして、イタリア料理店の草分けキャンティの人気メニューとして長年愛され続けているパスタの味、私が昔、『本物の味』と信じて疑わなかった味も、実は日本人向けにアレンジされていたのかと思うと、何だか、かえってこの『スパゲティバジリコ』に親しみが沸いてきました(^^)

というわけで、作りました。

レシピはをご覧下さい。



さてその味ですが、私のヘボ腕でキャンティの味がどの程度再現できたか分かりませんし、昔の味もはっきり記憶しているわけではないので、いい加減なことしかいえませんが、

「美味しい~~~~~!!!」


パスタでした(^^)


遊びにいらして下さって、どうもありがとうございます”(´▽`)ノ”
ポチッと応援よろしくお願いします(*´∇`*)

ブログランキングバナー赤



”(´▽`)ノ”
にほんブログ村 料理ブログへ
スポンサーサイト
04:18  |  パスタ・麺など  |  Trackback(0)  |  Comment(18)

Comment

いつも、なんて、すばらしく、おしゃれなんでしょう。

きっと、ミリアムさんはフォークで食べる派ですよね。

我が家の昨日の食卓は、奥様連合とパスタでしたが、、、、迷わずみんな箸でしたわ。
言うまでもなく、こんなにおしゃれなパスタじゃありませんでしたわ。
よりとも |  2006.07.01(土) 08:26 | URL |  【編集】

↑に続き、またまた悪ガキ登場です。。。

本家のレシピ見たんですが、サラダオイルとバターを
結構使ってるんですねぇ。

そういう意味では、ミリアムさんが作られたものの方が
ヘルシーなんでしょうかね?
大葉好きなので、こういうのも惹かれますねぇ。

そうそう、昨日、こちらのレシピで「鮭と長芋のパスタ」
を作りました!!すっごいおいしかったです!!
ありがとうございました!

ちなみに自分も、オヤジと同じで箸で食べます。。。
sakaito |  2006.07.01(土) 08:44 | URL |  【編集】

キャンテイ

て、久しぶりに聞きました。
懐かしい味がキャンテイなんですね~。
私は・・・そんなおしゃれなモンじゃないです(汗)
ばーびーちゃん |  2006.07.01(土) 13:10 | URL |  【編集】

いつも

ミリアムさんは丁寧に心を込めて
作っていらっしゃるのですね。
画像から伝わってきますョ。
今どきのバジリコは
放っておくとぼーぼーになりませんか?笑
エミリア |  2006.07.01(土) 15:35 | URL |  【編集】

そう言えば、私が日本に居た頃にイタリアンレストランで食べてた「スパゲッティバジリコ」も、乾燥バジルが入ってた気がします。
あの頃は(...って、同じ頃なんでしょうか^^;)生のバジルってあまりなかった記憶があります。ミリアムさんが再現されたの、とっても美味しそうです!私も食べたくなりました。
salahi |  2006.07.01(土) 17:32 | URL |  【編集】

パセリと大葉

インドでは逆にバジルよりもそちらのほうが高価だったりします^^;。
大葉はアメリカでもなかなか見つけられなかったのですが、イギリスは売っているんですか?
このパスタ、香りが良さそうですね~^^。美味しそうです!
Pumpkin-R(パンプキン) |  2006.07.01(土) 20:42 | URL |  【編集】

よりともさん"(´▽`)ノ"

よりともさんも昨日は休肝日でパスタだったんですね(*´∇`*) 

よりともさんにはジュニアが2人いらっしゃるのですよね。そうすると、夕べのパスタはボロネーゼ、ボンゴレ、カルボナーラ、又は和風のたらこなどを召し上がったのでしょうか?

私が子供の頃の夕飯で出るパスタはボロネーゼ、というよりミートソース以外なかったです(^^;

>ミリアムさんはフォークで食べる派ですよね。

あれ~、ちょど1週間前、パスタを正しく日本の出しで食べた時、一緒にお箸の写真も載せたのですが・・・(*´∇`*)
ミリアム |  2006.07.01(土) 21:10 | URL |  【編集】

sakaitoさん"(´▽`)ノ"

鮭と長芋のパスタがお気に召していただけたようでとても嬉しいです(^^) どうもありがとうございます♪

このパスタですが確かにバターとサラダ油をふんだんに使っているので、最初計りながら鍋に入れた時少し驚きました。

でも多分同じだけの量を入れないとキャンティのスパゲティバジリコの味は出ないと思うんですよ。

私がこのレシピを単にパスタのレシピとして見ていたら、多分量を減らすと思いますが、目的はあくまで『キャンティのあのパスタ』なので、レシピ通りに作りました(^^;

これは美味しいですよ(^^)v

今でもこのパスタはキャンティの人気メニューなので、自分で作れると思うと得をした気分です(^^)

>ちなみに自分も、オヤジと同じで箸で食べます。。。

私の友人はスパゲティを5cmくらいの長さに折って茹でて、スプーンで食べます(*´∇`*)

ロングパスタって蕎麦やうどんやラーメンと違って意外にすすり難くて、その割りに結構汁気があるので、ソースが飛び散りやすいんですよね。フォークを使うとその点安心です。

でも納豆やとろろのスパゲティは割り箸が一番ですね。
ミリアム |  2006.07.01(土) 21:26 | URL |  【編集】

ばーびーちゃん"(´▽`)ノ"

私は昔キャンティのすぐそばに住んでいたこともあるので、やはり懐かしいお店です(^^)

バービーちゃんの懐かしいお店・・・興味あります~!!! ぜひブログで教えてください、楽しみにしています(^^)v
ミリアム |  2006.07.01(土) 21:32 | URL |  【編集】

エミリアさん"(´▽`)ノ"

えっ、丁寧に作っているように見えますか(^^;

年中、すでにブログに載せた後になって、切り口がすごく大雑把になっている野菜を見ては、「これはちょっと問題だわ(・・;) 」と思っているんですよ(;´▽`A``

バジルはすごく強くてどんどん伸びるので、植物をちゃんと扱えない わたしでも豊作を喜べて助かっていますが、これが庭にあったら大変なことになりそうです。
ミリアム |  2006.07.01(土) 21:39 | URL |  【編集】

salahiさん"(´▽`)ノ"

乾燥バジルを使ったバジリコ、私も日本で食べたことがありますが、めったに美味しいと思ったことはなかったんです。

そういう意味ではキャンティのバジリコは特別だったかもしれません(^^)

salahiさん、このパスタは今でもキャンティの人気メニューですし、とても美味しいのでぜひ作ってみてください。 大葉がないとちょっと物足りないかもしれませんがパセリと乾燥バジルだけで美味しいものが出来ると思います。

最初油とパセリの量が随分多いと思ったのですが、作ってみるとこの分量でちょうどいいことが分かりました。 といっても、salahiさんは大量の油をうまく使うコツを知っていらっしゃいますよね。

こ私は乾燥バジルがうまく使えなかったのですが、今回のパスタで少し分かったような気がしました。
ミリアム |  2006.07.01(土) 21:54 | URL |  【編集】

パンプキンさん"(´▽`)ノ"

大葉は何処の国でも手に入れるのは難しいようですね。かなり日本的なハーブなんでしょうか。

インドではフレッシュバジルも高いのですか?でもバジルは鉢植えで簡単に栽培できるので、その店楽ですね(^^)

幸い、ロンドンでは日本食良品店で野菜も置いてあるところには大葉はほぼ間違いなく売られているので、手に入れるのは簡単です。

でも10枚で200円位するので、普段使いにはめったに買わないです(^^;

このバジリコスパゲティ、乾燥バジルが香りのキーなので大葉無しでも美味しく出来ると思います。これはお勧めです。

ミリアム |  2006.07.01(土) 22:04 | URL |  【編集】

そうだった、そうだった。

昔、今ほどバジルがなかったときはドライも高かった~!
しかもレシピ本にはパセリがさもバジルのように扱われていたのもあるわ~!
そうそう、その頃って、オリーブオイルもなかなか売ってなかったのよね。
オリーブオイルが「太りにくい油」と有名になったら爆発的にでたけど~。

なつかしー。ドライバジルパスタ~♪それが私にとっても
バジリコスパゲティでした~。

カイエ |  2006.07.01(土) 22:21 | URL |  【編集】

わかるわかる、そのきもち、私なんて美味しいスパゲッティーそのものがカルチャーショックでした。今では日本で何でも手に入るようになりましたよね。
またきます
アヤナー |  2006.07.01(土) 22:44 | URL |  【編集】

カイエさん"(´▽`)ノ"

そうなんですよね~(^^)

日本って、極端なんですよね~。
無知+あほ+何もない→ブーム→誰で知っている+何でも有り
っていう感じで両極端。

このバジリコスパ、おすすめですよ~(^^)v
ミリアム |  2006.07.02(日) 13:20 | URL |  【編集】

アヤナーさん"(´▽`)ノ"

ほんの少し前なのにね~、今では笑っちゃうようなことってあったんですよね。

今はコンピューターが進んでいてもっと簡単に情報が手に入るし、何処にいても何でも買えますから、あっという間に便利になったんですよね。
ミリアム |  2006.07.02(日) 13:23 | URL |  【編集】

意外ですね~

キャンティのバジリコのスパゲティってそうなんですね~。
ものすごーーーく意外でした。
乾燥のハーブを使うなんてプロのイタリアンの世界ではもってのほかなのかと思っていましたが、使い方なんですね。
やはり昔の日本の生のバジルなんて手に入らないって頃の名残りで、それでもおいしく作れるように工夫されたレシピなのかな。
でも確かに大葉を入れるとおいしいソースができますよね。
オイルの多さにもめげず、是非このレシピ試してみたいと思います♪

そうそう、私なんて確か小学校のときにはじめてピザの存在を知ったのです。
友達にピザっていうものがあってとてもおいしいから食べに行こうと誘われて食べたピザのおいしかったこと!!!
その頃はバジリコなんて言葉も存在さえもしらない子供でした…。(爆)
楽子 |  2006.07.02(日) 16:36 | URL |  【編集】

楽子さん"(´▽`)ノ"

そうなんですよ~乾燥バジルと大葉とサラダ油を使ってあるのを知って、私もびっくりしましたv-11

美味しさの記憶だけで材料までは考えていませんでした(^^;

>やはり昔の日本の生のバジルなんて手に入らないって頃の名残りで

これは名残というより、キャンティがイタリアンを始めたのはまさにその『手に入らないものばかり』なので、その中で生み出したレシピのようですよ。

今では当たり前の素材のオリーブ油にしても、60年代の日本人が素直に美味しいと受け入れる味ではなかったでしょうしね。

当時のシェフは如何に手に入りにくい素材を日本の食材で代用して、しかもイタリアンの味を守りながら舌の越えたお客を満足させるか、随分と試行錯誤されたのでしょうね。

でもそのおかげで生まれたこの定番スパゲティは、今美味しい本場のイタリアンと比較しても負けない美味しさです(^^)

楽子さんがお作りになる時は、バターの量を減らしたい、サラダ油をオリーブ油に代えたい、パセリの量が多くない?という全ての邪念を捨て去って、ぜひ1度はレシピどおり作ってみてください(*´∇`*)

ちなみに私は2度目にはオリーブ油を使ってみて(油の量は減らしませんでした)、鷹の爪1本、コンソメ顆粒少々を加えてみました。

私はこのレシピで乾燥バジルに目覚めたので、これからもっと色々使ってみようと思います。


ところで、楽子さんはピザを小学生の頃知ったんですか?それでは随分とグルメな小学生だったんですね(^^)b 

今の子供たちは何でも食べて知っていますね(って子供と環境にもよるでしょうが)。

私はゆちさんのブログに時々お邪魔するのですが、ゆちさんの1年生と幼稚園の2人のお子さんは、ドライトマト、バルサミコ、アンチョビー、オリーブといった素材を使った料理に毎日舌鼓を打っている様子で、いつも「すごいのね~と感心しています。

何でもある今に生まれた子供たちは、将来どんなグルメに成長するのでしょう?
ミリアム |  2006.07.02(日) 17:12 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://milliamm.blog39.fc2.com/tb.php/252-ca3309e3

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。