06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

カロリー控えめ★鶏とかぼちゃの簡単豆乳グラタン

2006.01.19 (Thu)

カロリー控えめ★鶏とかぼちゃの豆乳グラタン


ローストパンプキンのグラタン風です。

2度焼が美味しい★チキンとさつまいもの簡単グラタンの応用です。

かぼちゃを1度ローストして旨みを凝縮させたものに,豆乳とチーズをかけて焼いただけですが、かぼちゃから余分な水分が無くなり甘みやホクホク感が増すので、こってりしたソースをかけなくても美味しく食べられます。カロリーを気にするダイエット中の方にはぴったり!

豆乳だけでは物足りない方は、スキムミルクを豆乳に混ぜるとコクが出て栄養分も増えるので、お子さんにもお勧めです。


いらして下さって、どうもありがとうございます”(´▽`)ノ”
ポチポチッと応援よろしくお願いしま~す(*´∇`*)

ブログランキングバナー赤


”(´▽`)ノ”
にほんブログ村 料理ブログへ

【レシピはこちら▼】

More・・・

【レシピ】

【材料】2人分

 鶏肉(胸、もも、ささ身)・・・140g
 かぼちゃ・・・300g

★ オリーブ油・・・小さじ2
★ はちみつ・・・小さじ2
★ ニンニクすりおろし・・・1片分
 
☆ 豆乳・・・100cc
☆ スキムミルク(無くても可)・・・大さじ1
☆ パルメザンチーズ(溶けるチーズ)・・・適量

 塩・胡椒・・・適量

 パセリみじん切り・・・適量

【作り方】

 1.かぼちゃは2cm幅に切り、★の材料と、塩、胡椒をして、全ての材料が入る大きさの耐熱容器に入れて、180℃に熱したオーブンで30分焼く。

 2.鶏肉は食べやすい大きさに切って、塩、胡椒で充分下味をつけておく。

 3.1で焼いたかぼちゃを1度オーブンから出し、かぼちゃの間に2の鶏肉を入れ、豆乳、チーズの順にかけて200℃に温度を上げたオーブンで20-30分(チーズに焦げ目がつくまで)焼く。

 4.パセリのみじん切りをかけて、完成! 熱々をどうぞ。


【メモ】
 ■豆乳だけでは物足りない方は、コクを出すためにスキムミルクを加えると美味しくなります。
スポンサーサイト

テーマ : 今日の食事 - ジャンル : グルメ

12:15  |  鶏肉  |  Trackback(0)  |  Comment(13)

Comment

ミリアムさんご無沙汰です。お元気ですか?ナイデイックです。
本当にミリアムさんお料理のお写真いつ見ても美味しそうですね。何かこつはありますか?今度ゆっくりご伝授ください。どれもこれも本当に美味しそう!楽子さんブログに行ってきました。盛り上がってますね。ところでミリアムさんのパスタのメーカはどこですか?
お気に入りとかありますか?パスタってメーカーでかなり味違いますよね。。。。。
ではまたお邪魔します。
Neidich |  2006.01.19(木) 22:32 | URL |  【編集】

Neidichさん、こんにちは♪

パスタのメーカーで、パスタの味はかなり違いますよね。でも私はそれ程こだわらずにやすいものを買っています(^^;

最もよく使うのがBarillaです。何故か近所のスーパーマーケットではBarillaのパスタを安売りすることが多く、そんな時まとめて何キロか買います。

それ以外では、変わった形のものや、パッケージから見て美味しそうだと思ったら買ったりしています。

オリーブ油も同様で、色々なメーカーのものを試しています。

日本ではディ・チェコの評価が高いようですが、こちらでは特に人気のあるパスタではないようです。

文子さんはどこのメーカーのものを買われますか?
ミリアム |  2006.01.19(木) 23:45 | URL |  【編集】

ミリアムさん、こんにちは!

天丼かと思ってしまいました・・・
揚がったばかりの海老天に見えてしまって・・・

それにしてもNeidichさんも書かれていますが、本当に美味しそう♪

フランスの豆乳って美味しくないんですよ・・
バニラ風味と書いてあるのにひかれて、ついつい買ってしまったことがあるのですが、匂いがかなりきついんですよ・・
それに懲りずに、次はチョコレート風味を買ってみましたが、これにもやられました。
最後にプレーンを買ってみたところ、フランスでは二度と飲むまい!と思ってしまうほど、豆豆した味でした・・・
でもお料理にすると匂いも気にならないと思うので、今度また見つけてこのレシピに挑戦しますネ♪
ミナココット |  2006.01.20(金) 00:01 | URL |  【編集】

ミナココットさん、こんにちは♪

そう言われてみれば、黄色いチーズが海老天のトゲトゲした衣に、かぼちゃの部分が揚がった尻尾かたれの色に見えますね。

ミナココットさんの発想は何時もながら豊かですね~。

豆豆した豆乳って、青臭くて不味いですよね。私は戻した生大豆を砕いた「呉」と根菜を使った味噌汁、「呉汁」が好きでたまに作りますが、時々その時出来る全く手を加えていない豆乳を飲むことがあります。

これが見事なくらい不味い!!!

このレシピ、豆乳の代わりに生クリームや牛乳でも出来ますよ。
ミリアム |  2006.01.20(金) 00:21 | URL |  【編集】

たびたびすみません。ミナココットさんのお名前なつかしいです。またまたナイディックです。やっとのことで『苦』で、みなさんのお名前だけで検索するやり方を見つけました。
検索の下の詳細検索をクリックして作者のところでだけにお名前を入れて、その下の検索をクリックするとお名前の方のレシピが見れます。そこでみなさんの日記にたどりつけます。ヒュー(汗)
ミリアムさんこの場をお借りしてすみませんが、ミナココットさんこれでやっとフランスの小話にたどりつけました。これからもたのしみにしています。
ミリアムさんの『苦』の方へもお邪魔させていただきますね。
ではまた。
Neidich |  2006.01.20(金) 01:41 | URL |  【編集】

ミリアムさん、皆さん、こんにちは!

これを見て、オットが「キミが作ったら共食いだ><。」とウケていました、、。

私のHNって、何のことはない私の呼び名から取ったものなので、実際の日常生活でも「Pumpkin」なんですよね、、、。

それにしても、このレシピは根菜類Loverの私としてかなり魅力的です!
豆乳を牛乳に代えても作れそうですよね。
豆乳の風味も好きなんですが、こちらで見かけたことがないので、まずは牛乳で試してみたいと思います^^。
Pumpkin-R(パンプキン) |  2006.01.20(金) 03:21 | URL |  【編集】

パンプキンさん、こんばんは♪

ムンバイは暑いですか?ロンドンはクリスマス後の10日間くらいはマイナス5-7℃と厳しい寒さでしたが、今はもうそれ程寒くないですよ。私は厚手のコートを着ていますが、中には半そでで歩いている人もいます。

パンプキンさんのHNはニックネームから来ているんですか。でもどうしてパンプキンなのか、ますます興味がわいちゃいます。

私のHNは名前のアルファベットを並べ替えて少し細工をしたもので、私の姓名をローマ字で書いたものを見ると何となくわかります。

CROのCROCCOとか、margoさんのHNもその由来に興味があります。XXママ、とか、○○かーちゃん、のようなHNはわかりやすくていいですよね(^^

名前といえばジャニーズで「少年隊」というのが昔ありましたが、あれって今もあるんでしょうか?あの人たちもういい加減おじさんの域に入っていますよね。


写真のレシピですが、牛乳でも、もっとコクがあるものをお望みなら、生クリーム、あっさりごのみなら、濃い目に溶いたスキムド・ミルクでもどうぞ。

イギリスは、かぼちゃもさつまいもと同様に水っぽいので、1度ローストすると美味しくなるのですが、インドのかぼちゃはそのままでも美味しいのですか?


下のさつまいものレシピの方は生クリームで作りました。

ミリアム |  2006.01.20(金) 03:48 | URL |  【編集】

こんにちは!

ムンバイは毎日、徐々に暑くなっていってますよ~。

ミリアムさんのHNの由来も面白いですね。
本当は私もよく考えてからつけたかったんですが、5年くらい前にククに登録したとき、よく分からずにあれこれ作業してたら、「とりあえず」のつもりで入力した自分の呼び名が正式登録されてしまったんですよねぇ^^;。
以来、ずっと使ってるんです。

インドのかぼちゃも結構水っぽい(そうじゃないのもあるのかもしれませんが)ので、ココナツミルクやスパイスと一緒に煮込んだりしてます。

このローストしてから焼く方法、一度試してみたいと思います。
Pumpkin-R(パンプキン) |  2006.01.21(土) 12:31 | URL |  【編集】

パンプキンさん、こんにちは♪

パンプキンさんのHNの由来は面白いですね。でもこれって変えられないんですよね。以前、どなたか忘れてしまいましたが、やはり「とりあえず」付けたHNが気に入らなくて、一度退会して、再登録された方がいましたよ。わかる気がします。

インドのかぼちゃも水っぽいんですか。

話は変わりますが、パンプキンさんのレシピを拝見しても思うのですが、インドの食べ物って揚げ物や油を使ったものが多いですよね。塩分はどうなんですか?調理器具はどのような素材のものが使われているのでしょうか。

何でこんなことを聞くかというと、私の知り合いが、腎臓病の研究をしていて、世界的に見ても末期の腎臓病患者のインド人の割合がすごく多いそうなんです。

私も少し首を突っ込んでいるので、現在インドにお住まいのパンプキンさんに聞いてみたくなったという次第です。
ミリアム |  2006.01.22(日) 01:07 | URL |  【編集】

ミリアムさん、こんにちは^^!

>世界的に見ても末期の腎臓病患者のインド人の割合がすごく多い
知りませんでした!
インドの人口10億人のうち、1日1ドル以下で生活する国民が約4億人と言われていますから、先進諸国に比べ、充分な医療を受けられないという問題もあるのでしょうか。

インドの食事は、宗教や土地によって特色が違うので、一概に「インド料理」とまとめて括ってしまうのは難しいのですが、インドの各料理に共通する特徴としては、マサラ(香辛料)をよく使うこと、蛋白源として乳製品や豆類を非常によく取ることが上げられると思います。
私もインドに来て、豆料理を食べる回数がアメリカや日本にいたときよりも格段に増えたように思います。

腎臓病患者の食事療法は蛋白質を制限しますよね。祖父がそうだったのですが、乳製品や豆類も控えるように言われていたと思います。
そのあたり、何か関係があるんでしょうか。

塩分は、そうですねぇ。私はインド料理に比べたら、日本の料理のほうが塩分をたくさん使っているような気がします。

鍋は、インドでは短時間で豆や肉が調理できる圧力鍋が中流階級以上の家庭でよく使われているそうです。
ウチで使っているのは、ALL-Cladというアメリカ製のステンレス鍋なのですが、シャロンには不評なんです^^;。テフロン加工してある鍋のほうが普段料理するときに使いやすいといいます。

数人のインド人の友人に聞いたら、彼らの家のフライパンはテフロン加工、鍋はテフロン加工ありステンレスありと様々でした。
これは、周りにいるインド人数人に聞いただけなので、インド全体の傾向とは違うかもしれません。
Pumpkin-R(パンプキン) |  2006.01.22(日) 19:22 | URL |  【編集】

パンプキンさん、こんにちは♪

色々教えてくださってありがとうございます。

パンプキンさんが仰るとおり、腎臓病の治療にはお金がかかります。ですからなおさら、インド人が何故腎臓病に罹り易いのか、そしてそれを防ぐ手段は何かを見つけなければならないんですよね。

日本やイギリスで人工透析にかかる一人当たりの費用は、年間600万円だそうです(もちろん国の負担です)。医療費が有料のインドで、その費用を出せる人がどのくらいいるのか、想像できませんが、多くの方たちは、何の手当ても受けられずに亡くなっているそうです。

あ、このような話題をブログでしてしまってすみません。
ミリアム |  2006.01.22(日) 21:06 | URL |  【編集】

ミリアムさん、こんにちは!

実際に住み始めてからは特にインドに関係ある記事やニュースに関心が向くようになったので、ミリアムさんのお話も興味深かったです^^。

インドの病院は、国営は医療費が無料です。
ただ、驚異的な経済成長を続けていると言われるインドですが、その恩恵を受けている国民は、人口10億人のうちわずか1割程度で、7億人という圧倒的多数が貧しい農村部で働いているのが現状ですから、貧困層の人口の多さから押し寄せる患者数に医療制度が追いついていないのが問題なのではないでしょうか。

また、インドでは栄養失調の子供(5歳未満)の割合が46%に上ると何かの文献で読んだことがあります。
下水道や住宅などのインフラの未整備等からくる不衛生も様々な病気の発生に影響しているでしょうし、難しいですね。
Pumpkin-R(パンプキン) |  2006.01.23(月) 13:22 | URL |  【編集】

パンプキンさん、こんにちは♪

インドでは、医療費が無料だったんですね。以前知り合いが、インドでは貧しいと医療が受けられないと言っていたので、すっかり有料だと思っていました。

でも、無知な私が考えただけでも
今のインド経済で、国民全員に充分な医療を施せるわけが無いことは容易に想像できます。

インドはまだまだ貧富の差が激しいんですね。

ある人が、招待されてインドに行って、最高のもてなしを受けたそうですが、その滞在期間中に接したものだけでインドを語ると、「ここは貧困とは無縁な豊かな国」としか思えないと言っていました。

何となく想像がつきます。イギリスには多くのインド人がいますが、彼らのほとんどはインドでは恵まれた環境にいた人々でしょう。

ですから、彼らとの接触を通してだけではインドの本質的なことはほとんど(何も?)わからないような気がします。

その意味でも、今後、パンプキンさんがインドから発信してくださる情報がますます楽しみです。
ミリアム |  2006.01.23(月) 17:57 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://milliamm.blog39.fc2.com/tb.php/57-2d4b932c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。