05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

シシケバブのテイクアウェイ1-トルコ風

2006.01.20 (Fri)

シシケバブ-テイクアウェイ1


トルコスタイルのケバブ

シシケバブ(Shish Kebab)が好きで、時々食べたくなってテイクアウェイ(持ち帰り)しています。

イギリスのケバブの持ち帰り店には大雑把にいうと、トルコ系とレバノン系のスタイルがあるようなんです。

トルコ人が経営するケバブ屋では、日本でもおなじみの、ピタパンのポケットに焼いたケバブとサラダ、ソースをかけて渡してくれます。

一方レバノン人(アラブ人)経営の店では、薄いトルティーヤのような丸いパンにケバブと上品な量のサラダとソースをのせて、生春巻きの要領で包んでそれをパラフィン紙のような薄い紙で丁寧に包んでくれます。大きさは春巻きを大きくしたような感じで、あくまでも上品です。

写真のケバブはいうまでも無く、トルコ風。このお店のサラダの量は他のお店よりやや多めですが、トルコスタイルのお店では、概してかなりたっぷりのサラダがケバブの上にのせられていて、サンドイッチのようには食べられません
シシケバブ-テイクアウェイ2後から

後ろから見たら・・・

どう見ても上品とはいえないこの外見。でも、この量を見ただけで、何だかすごーく嬉しくなります♪ ちなみに、このケバブを計ったら長さ22cm、幅12cm、高さ13cmありました。

ケバブは・・・ピタパンの奥に埋もれていて見えません(^^;

挟まれているサラダは普通、トマト、きゅうり、レタス、キャベツ、赤キャベツ、玉ねぎ、チリで(チリのピクルス)、ソースは大体のお店がチリソースとガーリックソースを置いています。それを全部入れてもらうのが常で、時々小声で「チリ多めに入れてね」なんて頼んだりしています。
シシケバブ-テイクアウェイ3横から

横から見たら・・・

急いで持って帰ってお肉が温かいうちに手とフォークを使って一心不乱に食べるのは、お行儀悪いんですが、実に美味しいんですよね♪

マリネされて柔らかく、しっかり味がついたたっぷりの肉は香ばしく、新鮮なサラダ、チリとガーリックソース、そしてピタパンの組み合わせが絶妙で、もう食べだしたら止まらない! ワインが進む進む♪

もうお腹一杯です。これで約500円は物価の高いイギリスでは画期的な値段です♪

レバノン風のケバブは次回。つづく・・・・


いらして下さって、どうもありがとうございます”(´▽`)ノ”
ポチポチッと応援よろしくお願いしま~す(*´∇`*)

ブログランキングバナー赤


”(´▽`)ノ”
にほんブログ村 料理ブログへ
スポンサーサイト

テーマ : 世界の料理 - ジャンル : グルメ

09:23  |  ロンドン食べ物日記  |  Trackback(1)  |  Comment(15)

Comment

☆お誘いです☆

突然のコメント失礼します。
この度、新規にブログの検索&ランキングサイト立ち上げました。
ブログを拝見させていただき、内容もよく、大変よくできているブログであると感じました。
このブログを【bitz】のグルメカテゴリにも登録して、
もっと多くの人に読んでもらいませんか?
上位のブログにはトップページから直接リンクされるので、
多くのアクセスとSEO効果が期待できます。
宜しくお願い致します。

ヵヮィィ☆ブログランキング【bitz】
http://bitz.tv/brank/

参加をお待ちしています☆
ヵヮィィ☆ブログランキング【bitz】 |  2006.01.20(金) 06:27 | URL |  【編集】

あぁ、美味しそう!
ロンドンのケバブもたまに食べたくなります。
そちらで売ってるのは野菜とかソースが多いですよね。ギリシャのギロスやスブラキは美味しいんですが、チリソースのってあまりないんです。
salahi |  2006.01.20(金) 08:27 | URL |  【編集】

隠れたトルコの首都ベルリンよりお邪魔♪
500円かぁ・・・そっちは高いなあ、やっぱり。
ベルリンではケバプは価格崩壊を起こしてて、ウチの近所の高めの店で2.30EUR(320円ってとこ)、安いところだと1.50EURとかのもあります。
一度、開店記念価格で0.99EURなんてのも見かけました(爆)。

巨大春巻きタイプもありますよ。同じ店で両方置いているところが多いです。
ベルリンではデュルムケバプ、西ドイツ方面ではケバプinユフカと呼ばれているようです。

ところで、このケバプは、ケバプ屋からほんの3分の我が家へでさえ、お持ち帰りをすると味がガクンと落ちます。一番旨いのはやっぱり、店頭で食べることですね。夏の暑いときに、表のベンチ席に座って、出来立てのこれをパクつくのを覚えてしまったら、もう持ち帰れません(笑)。
ぴかまま |  2006.01.20(金) 08:58 | URL |  【編集】

salahiさん、こんにちは♪

ギリシャのギロス、初めてききました。どのようなケバブ(?)ですか?
スブラギはぜひ一度食べてみたいです。
ギリシャではお肉が中心であまり野菜ははいっていないんですか?でもこちらでもレバノン系のものは野菜の量が少なくて少し物足りないです。

ギリシャといえば、今年暑くない時期に行って見たいと思っているんですよ。
出来れば夏前に行きたいのですが、時間が取れるといいのですが。
ミリアム |  2006.01.20(金) 16:43 | URL |  【編集】

ぴかまま、イギリスはとにかく物価が高いんですよ。バーガーキングのWhapperは600円以上するんですよ!セットじゃなくて、バーガーだけで。

だからこのケバブが500円というのは、本当に安いんです。

デュルムケバブ、ケバブinユフカというのが春巻きタイプなんですか?

イギリスではシシケバブはトルコ系もアラブ系も同じ呼び方をしていますが、
ぐるぐる回る薄切り肉の大きな例のものはトルコ系ではドネルケバブ、アラブ系ではシュワルマと呼んでいます。

私はこのドネルケバブをイスタンブールで初めて食べたのですが、ものすごく美味しくて、その後あちこちで食べたものの、どこで食べても不味いので、以来あきらめてしまい、今はほとんど食べないです。

確かに、出来立てをすぐに食べるのが一番ですよね。だから・・・この写真は撮りたくなかった・・・(^^;
ミリアム |  2006.01.20(金) 17:00 | URL |  【編集】

あ~あ、ミリアムさんのせいで今夜はケバブになってしまいそう…
melocoton |  2006.01.20(金) 19:01 | URL |  【編集】

Melocotonさん、久しぶりに食べたケバブが美味しくて、今日また買いに行きそうです。困ったな(^^;
ミリアム |  2006.01.20(金) 19:08 | URL |  【編集】

あれ、文字化け?
書き込みが出来ないので、メールします(涙)

(ROMA-ji de yonnde itadakemasuka?)

are?are?
kakikomiga dekinaku nacchaimashita
migotona mojibake

atode MAIL itashimasu
めぐみくん |  2006.01.20(金) 21:50 | URL |  【編集】

ごめんなさい!
入力だけが化けてしまうようです

なぜかなー?

書き込んでいらっしゃるみなさまがグローバルな方ばかりなので
お箸の国の私が外国に来ているようです
見事な文字化け入力です

ケバブ、おいしそう・・

やはりあとでメールします ^^+
めぐみくん |  2006.01.20(金) 21:55 | URL |  【編集】

ケバブに、「愛」☆を感じます。

日本じゃいくらなんだろ。
(というか、地元で売っているところはあるのか!?)

・・・というと、作るしかないのか~~。レシピ探さなくちゃ・・・
カイエ |  2006.01.21(土) 01:10 | URL |  【編集】

ギリシャのは、こんな感じで(URLを貼っておきました)玉ねぎとトマトぐらいしか入ってないですねぇ。買ってきて自分で野菜を足したりしてもいいんですけど。
スブラキはただの焼いた肉って感じなので、ギロスの方が美味しいと思います。
ミリアムさん、ギリシャに来られるかもしれないんですね。春がおすすめですが、6月ぐらいになると結構暑いかもしれません。
妹達も3月頃に来るかもしれないんですよ。ペロポニソス半島辺りに日帰り旅行したいな~と思ってます^^

>カイエさん、
Omikanさんのブログにケバブもどきのレシピありましたよ♪
salahi |  2006.01.21(土) 01:19 | URL |  【編集】

カイエさん、こんにちは♪

シシケバブはそれ程難しくなく作れると思いますよ。

色々なレシピがあるようですが、一番シンプルで、私が好きなのは、玉ねぎの絞り汁、オリーブ油、塩、胡椒、好みでニンニクすりおろしをあわせたものに漬け込んで、焼いて作るケバブです。肉は、一般的にはラムかチキンですが、牛肉や、豚のヒレでも美味しいと思います。もちろん牛肉でも。


それを温めたピタパンに野菜と一緒に挟んで、好みのチリソースや、ガーリックソースをかけるだけです。

チリのピクルスがあるとアクセントになっていいですよ。

ガーリックソースはハインツのものがそれ程悪くないです。

ミリアム |  2006.01.21(土) 05:42 | URL |  【編集】

salahiさん、ブログ拝見しました。

スブラキもギロスもすごく美味しそうですね。ギリシャに行ったらぜひ食べてみたいです。

ギリシャ料理って油、肉、乳製品を多く使うようなのに、私が知っているギリシャ人で明らかに太っていると感じた人は一人もいないんですが、どうしてなんでしょう?不思議です。

バランスがいいのでしょうか?salahiさんも以前アイコンに使った写真からすると、細いですよね。何か秘訣があるのでしょうか???
ミリアム |  2006.01.21(土) 05:50 | URL |  【編集】

ぴかままさんのベルリンケバブの値段聞いて仰天!!! スイスでは 5ユーロはしますよお。
今日はミリアムさんの ここでみてたべたくなってそれ風のものにチャレンジ。トラバさせていただきました。ギリシャのもおいしそうだし・・・。いろいろなのがあるみたいですね。
Omikan |  2006.01.23(月) 03:42 | URL |  【編集】

Omikanさん、こんばんは♪

トラックバックありがとうございます。

スイスのケバブは5ユーロですか。イギリスと同じくらいですね。私が買ったトルコのケバブは500円でしたが、イラクのは600円でした。

ドイツはスイスやイギリスより物価が安いのもあるのでしょうが、トルコ人の人口も多いので、やはり安いのかな?などと思ったりしています。

Omikanさんは、コフタケバブを作られたんですね。私はコフタをたま~に食べますが、作ったことは無いんです。シシケバブより作るのが難しいように思いますが、どうなんでしょう。
ミリアム |  2006.01.23(月) 05:53 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://milliamm.blog39.fc2.com/tb.php/58-1b08c8b1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

ケバブすきだ。ファラフェルとケバブはテイクアウェイのナンバー1ズ。甲乙つけがたくウマイもの。(お店によって味の差もおおきいけど)国によって、使う肉によって色々なケバブがあるみたいだ。スイスのケバブは巨大かまぼこ状の練り物。それをあぶり焼きにしてカリカリにな
2006/01/23(月) 03:33:51 | いつも食べることばかり

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。