03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

私のレシピが企業に無断転用されました!Ⅳ

2006.01.20 (Fri)

クックパッドの、「本日のピックアップ」に選ばれたレシピを、次々と無断転用している中国、大連にあるいかがわしい業種の企業は、相変わらず無断転用を止めようとしていません。(詳しくはをお読みください。)

More・・・

以前クックパッドに問い合わせたところ、先方に連絡しているということだったのですが、それがどういう「連絡」かはわかりません。

クックパッドはこの事態をどこまで深刻に考えているのでしょうか?確かにリニューアル後のセキュリティーは強化されたと思います。それはそれで評価するべきだとは思いますが、今回の、組織的かつ長期に渡る、かなり悪質な文書の盗用に対する充分な対応をしているのでしょうか。

中国企業は、1月12日以降、新着のピックアップレシピは載せていません。現在掲載されているレシピは昨年の夏に公開されたものです。それでも、レシピの無断転用を止める様子はありません。この事実は、会社側の対応の甘さを物語っていると思います。

2004年の6月以降、多くのメンバーのレシピが盗用され続けてきたにもかかわらず、きちんとした対応をしてくれない。一事が万事そんなサイトなんですね、クックパッドは。



ところが規約を見ると、今回の件に関して、こうして会社側に対処の要求をすることはどうやら間違いのようなのです。

【第5条 自己責任の原則】

1.利用者は、利用者による本サービスの利用と本サービスを利用してなされた一切の行為とその結果について一切の責任を負います。


【第13条 免責】

1.当社は、本サービスの利用により発生した利用者の損害については、一切の賠償責任を負いません。


とあります。これらを読む限り、メンバーのレシピが誰に使われようが、それは各々の自己責任で解決するべきである、という解釈が出来ます。


また、このような条項もあります。

【第17条 クックパッドに送信(発信)されたコンテンツについて】

1.利用者の皆様が送信(発信)したコ ンテンツは、当社クックパッドに対して、当該コンテンツを日本国内外問わず無償で非独占的に使用する(複製、公開、送信、頒布、譲渡、貸与、翻訳、翻案を 含む)権利(サブライセンス権も含む)を許諾したものとみなします。利用者は著作者人格権を行使しないものとします。


これを読むと、規約に同意した限り、クックパッドは確かにメンバーのレシピを勝手に使えるわけですが、それはあくまでも「非独占的」にです。

これらの規約を総合すると、クックパッドは、会社がメンバーのレシピを無償で自由に使えれば、それ以外のどこかよその企業がレシピを勝手に使っても、それはクックパッドを利用して情報を公開した、メンバー自身が解決することであって、クックパッドには責任はない、と解釈できます。



結果的に、レシピを盗用された人たちは、自分達が苦労して作り上げたレシピを無断転用されて、報われることなく終わるのでしょうか。

この件に関してのご意見をお聞かせください

ブログランキングに参加しています。よろしかったら応援してください
ブログランキングバナー赤



にほんブログ村 料理ブログへ
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと - ジャンル : グルメ

20:50  |  ひとりごと/バトン  |  Trackback(0)  |  Comment(16)

Comment

ミリアムさん、こんばんは。

「連絡」ですか・・・もはや、言うべき言葉も見つかりません。
新規約を見ると、「そういうトラブルに関わるのはめんどくさいから嫌だ~」という態度がみえみえですよね。
さらに、「日本国内外を問わず」というフレーズは、例の中国企業のことを念頭においてのことでしょうね。

せめて、右クリック禁止とかにはできんのかい!と思いましたが、そっち方面には気が回らないのですよね~。

義妹がプロなので、盗用防止策(といっても微々たるものですが)を入れ知恵してもらったのですが、ちんぷんかんぷんでした。今度紙に書いてもらうことにします(^^;)

ところで、さっきモモちゃんに「プッタネスカ!」と叫ばれてしまいました・・・でもすぐ後に「好きー!」と言ってくれたので帳消しです♪
margo |  2006.01.20(金) 21:34 | URL |  【編集】

margoさん、こんにちは。

もう諦めるしかないのでしょか。それにしても大連の会社には腹が立ちます。
人種差別発言に繋がるので、言いませんが、この会社が特殊な悪徳企業ではなく、こういったことが国全体で平然と行われているのですから、呆れたものです。

義妹の方が教えてくださった防止策は個人が出来ることなんでしょうか?だとしたら、ぜひ教えていただきたいものです。

モモは「ブッタネスカ」とか「風俗」という言葉が好きなようで困ります。

ぴかままにはぴかままが死ぬほど嫌いなもの、「コリアンダー」と叫んだそうです(^^;

私には年じゅう「ご飯ー」と言うんですよ。

margoさんに「好き」って言ったんですか?よかった。「ブッタネスカ」だけじゃ噴飯ものですよね。
ミリアム |  2006.01.21(土) 00:03 | URL |  【編集】

ミリアムさん、こんばんは。margoさん、はじめまして(あちこちですれ違っていますね)。

中国企業の盗作問題について、憤りを感じています。というのも、上海に住んでいたことがあるので、あの国がいかに著作権やモラルというものを無視しているか(というより、そういう概念がない)を身をもって知っているからです。

クック側が本当に「連絡」しているかも定かではありませんし、新しい規約の「日本国内外を問わず」という箇所、胡散臭いですね。実に怪しいです。この問題を知ったからこその文言という感じがします。
責任逃れをするために。

クックの規約は「余計なことは言わずに黙ってどんどんレシピをUPしてね。そしてUPしたレシピの利益は全部クックのもの。でも、何か問題が起きた場合は全て自己責任ですから。クックは一切関係がありません。電話やメールで問い合わせてきても答える義務はないし、何度も問い合わせしてきたら強制退会処分にするよ」としか解釈できないのですが。

この盗作問題も一連のリニューアルの原因となった盗作問題同様、うやむやにされて終わりそうですね・・・。杞憂であってくれれば良いのですが。
秋空 |  2006.01.21(土) 00:17 | URL |  【編集】

この問題がどうなったのか、気になってました。
やっぱり...というか、クックもきっと何もしてくれてないんでしょうね。margoさん、秋空さんが書かれてるように、あの規約は胡散臭いですよ~。
ミリアムさんはあちらでも新レシピを発表されてますが、正直ちょっと勿体無いな~と思います。気をつけて下さいね。
salahi |  2006.01.21(土) 01:31 | URL |  【編集】

秋空さん、こんにちは。

中国ってやはり著作権に対する概念が希薄なんですね。先日も旦那さまが中国人の方とこの話題をした時に、やはりその旦那様もそう仰っていらしたそうです。

「レシピなんてどうせ減るもんじゃあるまいし、かまわないだろう」と思っているのだろうと私達二人とも思ったのですが、おそらく本当にその程度にしか捕らえていないんでしょうね。

クックにしても、今後の対応策はそれなりに考えているのでしょうが、起きてしまったことにはこれ以上積極的に何かをするつもりはないのではないかと思います。

たいして期待はしていませんでしたが、不愉快です。

>クックの規約は「余計なことは言わずに黙ってどんどん・・・・・・

不謹慎ながら、本当にその通りと思わず笑ってしまいました。
ミリアム |  2006.01.21(土) 03:50 | URL |  【編集】

salahiさん、こんばんは♪

期待はしていなかったのですが、本当に何もしてくれなくて、怒りより呆れてしまっています。

それにしても、皆さんが仰るとおり、実に胡散臭い規約の内容ですよね。

「国内外問わず無償で非独占的に使用する・・・」というこの部分、以前無かったですよね。


レシピの件ですが、お気遣いありがとうございます。でもMyキッチンに「最新のレシピ」として載っているものは、去年の11月の半ば過ぎ、丁度1201のことが取り上げられ始めたころにUPしたものなんですよ。それ以降UPしていないんです。





ミリアム |  2006.01.21(土) 04:06 | URL |  【編集】

中国のみならず、またレシピのみならず、何かを調べるためにネットで検索すると、あちこちのサイトで全く同じ文章とでっくわす事が結構多いですよね。
「xxxより引用」とか書いてあるならばまだしも、いかにも自分の文章であるかのように書いてある場合が多いので、自分もそれを参考にしようとしたり引用したいと思っても、どこがオリジナルなのかわからなくて困ってしまいます。

「苦」も、大連の会社に対しては、たぶんもうこれ以上のことはする気がないのだと思います。それがああいう言語道断な新規約となって出てきているのでしょうね。あきれてものも言えません。
しかも、その規約に納得ができなくとも、規約に同意しなければ自分のレシピを削除しにキッチンへログインすることもできないシステムって・・・ほとんど詐欺、脅迫に近いですよ・・・。
ぴかまま |  2006.01.21(土) 05:05 | URL |  【編集】

 こんにちは。
 私も時々あのコピーサイトに行って(クリックするだけで汚らわしい思いがしますが)
確認してみるのですが、まったく削除される気配もありませんし、当然送った
抗議のメールにも音沙汰ナシです。

 自分のレシピに関しては、腹立だしいながらもあきらめるしかないかな、と思いますが
私の場合、メモのところにメッセージを寄せてくださったメンバーさんのHNがそのまま
載っているので、それが何とも申し訳なくて…

 クックは一度「中国サイトにメールを送りました、その後の経過もお伝えします」
っていうメールを送ってよこしましたが、みなさんのおっしゃるとおり本当に抗議
したのかどうかも怪しい限り。

 新規約も、単なる自己防衛です。

 となれば、私たちも自分の身は自分で守るしかない、ってことなんでしょうね。
 一時期でもレシピを公開していたことが悔やまれます。が、そうしていたからこそ
こんな風にたくさんの方とつながることができたんですが…悩ましいところですね。
mocataro |  2006.01.21(土) 14:53 | URL |  【編集】

ぴかまま、こんにちは♪

全く、考えれば考えるほど、頭にきます。なんか私、中国人不振になってしまっています。あの国は、著作権や特許といった、知的財産に対するモラルを欠いた国だということは前々から聞いてはいましたが、自分が被害にあって、それを実感すると本当に嫌になります。

まあ、ククが50程度のレシピのことで、ごちゃごちゃ言うより過去は切り捨てて、今後の対策を考えようとするのも、わからないでもありません。

巷に知れ渡っている有名キャラクターが被害にあって、それに対して抗議しても、被害者が負ける国ですから、素人のレシピが無断使用されたところで、講義しても勝ち目は無いと踏んだのでしょう。

いずれにしても、もう何をしても何も変わらないということだけがわかるりました。

しかしククの狡さは、中国企業をはるかに超えているかもしれませんね。
ミリアム |  2006.01.21(土) 21:09 | URL |  【編集】

mocataroさん、こんにちは♪

本当に、中国企業は何も変えるつもりはないだろうし、ククも何もするつもりはないでしょうね。

まあ、当初から、お互いにククにそれ程期待はしていなかったわけですが、見事に悪い方の予想通りになりましたね。

今となっては、ククで、こうして多くの素敵な方達とお会いできる機会を得られたことで、ククのメンバーになった意義があった、とでも思わない限り、腹の虫が収まりませんね。

さっき、中国の企業には、ややきつい書き込みをしました。といっても先方は痛くも痒くもないでしょうが。

内容は「あなた達のやっていることは泥棒で、犯罪だから、卑怯なことはやめてレシピを取り下げなさい」というものです。

何もしないでいるより、少しは溜飲が下がりました。
ミリアム |  2006.01.21(土) 21:20 | URL |  【編集】

 何の改善も期待できないなら、せめて自分の気持ち
だけでも落ち着かせたい(^^)ですよね。

 世の中のニュースを見ていていつも思うのですが、
恥を知らない人、図々しい人はそういう特性ゆえに犯罪を犯す。
 善良で、正直に生きようと思う人だけが、そういう
ニュースに心を痛める。

 そんな気がしませんか?

 自分の無力さに落ち込むこともありましたが、今は
「自分だけは、あのレベルに落ちることはやめよう」と
思うことで、己を励ましています^^。

 ミリアムさんのおいしそうなお料理を、本人のサイトで堂々と見られる!
 そういう真っ当さとは無縁のあやつらは、かわいそうな輩です。
 
mocataro |  2006.01.22(日) 13:06 | URL |  【編集】

ミリさん、こんにちは!
こちらの記事、見落としていました。
例の中国サイト、まだやり続けてるんですか!?
もう完全にナメきってますね・・・。
何とかして、彼らの頭を痛めてやりたいと思うのですが、彼らって、怖いモノなしでしょう?
何をやってもせせら笑ってるような気がして・・・あー、ムカつく!!
ところでクックは、今回のこの問題を、全然深刻には捉えていないのですね。
この両者にかかっては、なす術を知りません、ほんと。
KIX |  2006.01.22(日) 19:40 | URL |  【編集】

mocataroさん、こんにちは。

>「自分だけは、あのレベルに落ちることはやめよう」と
思うことで、己を励ましています^^。
本当に、mocataroさんの言われること、よくわかります。

レシピを無断で使われたこと、その後の更なる卑劣な態度を考えるとムカムカしますが、社会全体のモラルと民度が低い世界にいる、まともじゃない人たちをこれ以上相手にしてももうしょうがないですね。

第一、個人ではどうにもならないのに、ククが何もしてくれないのですから。

今回の件は、あきらめるしかないと思いますが、このまま泣き寝入りして、同じ目にあうことが無いよう、何か策を練りたいものです。

と言っても、残念ながら、今は何もアイデアはありませんが(^^;

それにしても、誰もが口をそろえて、中国人の知的所有権に対するモラルの無さを指摘しますね。呆れた人たちです。
ミリアム |  2006.01.22(日) 20:14 | URL |  【編集】

KIXさん、こんにちは。

中国の企業は、ひょっとしてククがどんな会社か知っていて、今回の盗用をおこなったのかと言いたくなるほど、どっちもどっちですよね。

ククは、今回のリニューアルで、セキュリティーをそれなりに強化していますが、それにしても、完全に閉鎖されたMIXIのようなコミュニティネットワークではないのですから、その気になればいくらでもレシピを盗めるのに。

せめて苦情くらい言って、相手に、あそこは避けようと思わせるくらいのことはしないと、いつまでも同じ目にあい続けるのではないのでしょか。

ククが何もしてくれないようなので、この件はもうこれ以上進みませんが、ククを通して、二度とこんな目にあうのは御免です。
ミリアム |  2006.01.22(日) 20:26 | URL |  【編集】

所詮、北の国と、中の国、、

まだ、それが継続して盗まれていたのかと思うと呆れてしまいます。本当に何もする気がないのですね。いかに取締役員がお飾りかということを物語っていますね。社会的に信用度の高い地位に就かれている方々ばかりのようですのに。クックに泥塗られまくり。これでお気楽に僅かの金額で名前貸しをしたことを後悔してるかも知れませんね。というか、こんな事実やあんな事件も知らないぐらいのお祖父さん達ばかりかも知れませんが、、

この1つの企業ぐるみの犯罪を見逃したら、クックはいいカモだと思われて、他の中国サイトにも盗用されてやしないか? そう思ったりもします。

それにしても、中国語に翻訳されるわけでもなく、日本語のまま、あのサイトを利用しようと考える人達が料理をするのかな? と、ふと考えてしまいました。意味のない盗用ですよね。それとも、その料理検索でヒットして舞い込んで来る何も知らない女性をもターゲットということなのでしようか。。

そのサイトとクック。雁首そろえて検索結果に出てくるなんて、レシピ主に申し訳ないですが、いかがわしさは同等ですね。
CROCCO |  2006.01.25(水) 13:02 | URL |  【編集】

CRO

CRO、こんにちは。

料理サイトなんて山ほどあるのに、例の中国企業がよりによってククを選んだというのが、今になってみるとおかしくなります。

ククの体質、これまでの経緯を知っててククを選んだのではないかと思えるくらい、どちらもたたけば埃だらけになるほど、胡散臭いですよね。

ククの取締役のお爺さんたちはおそらく何も知らないと思います。

この件に関しては何も進展がないと思いますが、来月に入ったら、もう一度だけ、ククに連絡して、それで最後にしようと思っています。

ミリアム |  2006.01.25(水) 19:36 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://milliamm.blog39.fc2.com/tb.php/59-6b21aced

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。