07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

シシケバブのテイクアウェイ2-イラク風

2006.01.21 (Sat)

イラク料理レバノン料理のお店にケバブを買いに行ったら、なんか入り口の様子が違っていました。不思議に思って看板を見ると、あれっ、お店が変わっている!

いつの間にかレバノン料理店からイラク料理店になっていました。日本料理が中国料理に変わっていたら大変化ですが、アラブ料理は基本的にどこの国の料理も同じだそうです。

アラーの神を信じる者は皆兄弟で、その意味で、中東のイスラム教徒は一般的に国籍無関係に仲がよく、食文化も共通しているそうです。イラクやシリアの人がレバノン料理を「アラブ料理の代表」として自慢しているのを、何度も耳にしたことがあります。

というわけで店に入り、昨日トルコのケバブ屋でラムのシシケバブを食べたので、今日はチキンのケバブを注文しました。

出来上がりを待つこと10分。その間に料理や店内の写真を撮らせてもらったのですが、遠慮しながら急いで撮ったせいか、ピンボケばかりで、ここでお見せできるものはほとんど撮れませんでした。

1枚目と2枚目はアラブ料理色々。本当は解説をつけたかったのですが、もらったメニューに載っていない料理ばかりで、・・・何も書けません。オクラの煮込み、豆の煮込み、ラムと野菜の煮込みなどです。

3枚目は出来上がって包装されたケバブ、4枚目はケバブそのものです。。トルコのケバブとは見た目が随分違っていて、巨大なクレープ巻きという感じです。

最後の写真は、ケバブを半分に切ったものです。トルコのケバブと比べると、はるかにサラダの量が少なくて、ちょっと残念。中身は、チキンのケバブ、レタス、トマト、オニオン、きゅうりのピクルス、チリソース、ガーリックソースです。オニオンは完全にさらしてあって、臭いは全く無く、その他の材料もおとなしい味で、ワイルドな楽しみが全く無いところがやや寂しい上品なケバブです。

味はとても美味しいのですが、見た目の楽しさやボリュームが無い分、何となく物足りなかった・・・です。でも食べ終わってみるとちゃんとお腹が一杯になっていました。




いらして下さって、どうもありがとうございます”(´▽`)ノ”
ポチポチッと応援よろしくお願いしま~す(*´∇`*)

ブログランキングバナー赤


”(´▽`)ノ”
にほんブログ村 料理ブログへ
スポンサーサイト
04:43  |  ロンドン食べ物日記  |  Trackback(0)  |  Comment(12)

Comment

こんばんは、ミリアムさん。こんにちはかな?

ロンドンでは、イラク、レバノン、トルコ・・・いろんな国の味があじわえるのですね。シシ・ケバブたるもの私はいただいたことがないので、どんな味がするのか想像がつきません。

イギリス料理でこれは!って思われるものは何ですか?ヨーロッパはイタリア、フランスを除けば食にこだわりがないと聞きますがいかがですか?

リンクさせていただいてもいいかしら?


kuisinbou |  2006.01.21(土) 21:13 | URL |  【編集】

こんにちは。スイスにも巻きタイプとピタタイプとあるんですが、チキンがないんです。やっぱりインターナショナル、層もあついですね。

ただ こちらのお店はファラフェルと一緒にうってることもあって・・ファラフェルってイスラエルですよね。いいのか? でもエジプトでファラフェルのソラマメ版みました。兄弟文化ですね。
Omikan |  2006.01.21(土) 21:18 | URL |  【編集】

Kuishinbouさん、こんにちは♪

ケバブは、ラムや鶏肉をマリネしてグリルしたものです。ご飯やクスクスと一緒に食べたり、ピタパンにはさんでだべたりします。美味しいですよ。
日本人の口に合う料理です。

イギリス人も食にこだわりはありますよ。

イギリスで、有名な料理というと、煮込み料理や、プディング、パイなどでしょうか。後はロースト。

プディングというのはお菓子にもありますが、蒸料理全般をそう呼びます。
例えばステーキ・アンド・キドニープディングというのはステーキ肉とキドニーのシチュー(のような具)を小麦粉や牛脂(スエット)で作った皮を敷き詰めたプディング容器に入れて蒸したものです。

パイですが、イギリスのパイは具全体をパイ皮で包むものは少なく(そういうのはパスティといいます)、具を深い容器に入れてパイ皮を被せて作るものがほとんどです。

また挽肉をグレービーで煮てマッシュポテトをかけて焼いたものもパイといいます。牛挽肉の場合は「コテージパイ」、ラムの挽肉の場合は「シェファーズパイ」といいます。

リンクの件ですが、喜んで!こちらからもリンクさせていただきました。
ミリアム |  2006.01.21(土) 22:03 | URL |  【編集】

Omikanさん、こんにちは♪

スイスのケバブはラムだけなんですか?意外ですね。Omikanさん、それは手作りしなければ駄目ですね。

ファラフェルをサンドイッチにしたのも美味しいですよね。

イギリスでは、タブレや、フモスなんかと一緒にサンドイッチして食べています。

ファラフェルはアラブ料理ではありませんか?イスラエルで食べられるのは、先住のパレスチナ人が食べていたからだと思いますよ~。
ミリアム |  2006.01.21(土) 22:09 | URL |  【編集】

ミリアムさん、Kuishinbouさん、Omikanさん(お久しぶりです、覚えていらっしゃいますか~?)、こんにちは♪

ケバブ、一時日本でも流行ったときがありました。
店頭で肉を削いで切ってくれたりするんですよね~。
今もまだお店あるのかしら…。
流行に疎いのでちょっとわかりません…。(笑)

あまり良く食べ方がわからなかったのですが、ピタパンに挟んだり、こんなふうに包んだりするんですね。
このクレープみたいな生地は、パリパリなのかな~。

ロンドンっていろいろな国のお料理があって楽しいですね。
居ながらにしていろいろな所へ行った気分になれそう♪
こんなふうにテイクアウトできるお店が近くにあったらな~。
楽子 |  2006.01.22(日) 15:38 | URL |  【編集】

楽子さん、こんにちは♪

>店頭で肉を削いで切ってくれたりするんですよね~

これは、ドネルケバブと呼ばれるケバブです。薄切り肉を重ねていって、大きな塊のしたものをあぶり焼して作り、それを薄切りにして食べます。

私が何時も食べるのは、シシケバブです。これはマリネした肉を鉄串に指してグリルしたものです。

ケバブはお店ではご飯と食べることが一般的なんですよ。

>このクレープみたいな生地は、パリパリなのかな~。

このパンは、ピタパンをうすーくしたもので、柔らかいですよ。アラブ系のお店は大抵この薄いパンに巻いて出します。でも私は、トルコのケバブの出し方の方が、楽しくて好きです。

シシケバブ、楽子さんも作ってみませんか?
ミリアム |  2006.01.22(日) 20:35 | URL |  【編集】

ミリアムさん、kuisibouさん、Omikanさん、楽ちゃん こんばんは。
Omikanさん たしかレンズ豆のレシピでお世話になったと思います。

シシケバブってラム肉のお料理かと思ってました。
鶏もあるんですね。
ピタパンで巻いてあるというのでもう一度写真を見ました。ホントだ巻いてありますね。
ピタパンは挟むだけではないのですね。
どうも固定観念が多くて困りますね。
最近はピタパンにはまってます。お店でピタパンのサンドイッチがあるとつい注文してます。

イギリスはブレックファースト以外は美味しいものがないなんて言われてますがいろんなものがありますね。

挽肉のパイがシェファーズパイというのかとおもいましたが、こちらはラム限定なんですね。牛挽きは呼び名が違うのですね。勉強になります。
ポメマル |  2006.01.23(月) 00:36 | URL |  【編集】

ミリアムさん、
パレスチナ人がたべてたからイスラエル人もたべてる・・とはっ。知りませんでした。そおですかあああ。勉強になりました。
Omikan |  2006.01.23(月) 03:44 | URL |  【編集】

Omikanさん、こんばんは♪

美味しい食べ物を美味しいと感じる味覚は宗教や政治とは無関係ってコトですね!
ミリアム |  2006.01.23(月) 05:41 | URL |  【編集】

ポメマルさん♪

ポメマルさん、こんにちは♪

アラブのケバブはクレープのように大きく薄く焼いたピタパンを使うのですが、具を包む時に、その薄いパンを2枚に割って、それを重ねて巻いているようです。

細かい仕事ですよね。

シェファーズパイですが、Shepherd(シェファード)というのは羊飼いのことです。

その羊飼いのパイということでシェファーズ・パイ(Shepherd's Pie)というわけです。かなり多くの日本人は間違って理解していますね。
ミリアム |  2006.01.23(月) 06:06 | URL |  【編集】

やっぱりつられて食べに行きましたよ~

こちらで刷り込まれてやっぱり土曜日の夕食は近所のトルコ料理やさんでケバブになりました… 

私ラムって苦手なほうなのでいつもTavuk Beyti(チキンのひき肉とスパイスのケバブ)Tavuk Sisなんですよ。 ちょっと邪道かも?
melocoton |  2006.01.23(月) 06:22 | URL |  【編集】

Melocotonさん、こんにちは♪

ラム駄目なんですか?ラム駄目な日本人多いですよね。

でもチキンのケバブも美味しいですよ。私はどちらも好きなので、気分で選んでいます。でもラムってうちで料理はしないなあ。

私は牛挽肉が駄目なんです。ステーキ、しゃぶしゃぶ、焼肉は好きですが、ハンバーグなんかは食べられるけど美味しいとは思わないですね。
ミリアム |  2006.01.23(月) 16:48 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://milliamm.blog39.fc2.com/tb.php/60-d058303b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。